おはようございます、たかだ探偵です。

今日は、現在進行中の難航している調査がきになり、4:00から現場にむかいました。

今月は、会社移転やもろもろ、かなりのハードスケジュールで1月があっという間でしたが、かといいまだ、1月なんだというところです。

ふう・・・・。

今日は、スタッフKについて書こうと思います。

移転日のバタバタのときは、正直、大パニック状態ビックリマーク

スタッフがバタバタしている中、わたしのところに来たKスタッフが一言

「パンク状態とはこういう事をいうのですね・・・・」叫び

その一言を捨て台詞のように、スタスタと歩いていきました。

そしてとある日、会社を空けることになることを恐れ、いまのうちにKスタッフとお昼ご飯へ

わたし

「いまのうちに、さっさとご飯食べにいきましょう」

Kスタッフ

「そうですね」

わたし

「財布はいらないから、わたしが持ってる」

お店についたら、どんでもないことに気づきました。

400円しか財布にないあせる

時間がないのに・・・・・お金もない・・・、仕方がなく会社へもどりました。

歩いている道中、Kスタッフを見たら、

うわっビックリマーク口がとんがっているドクロ

わたし

「いや、あのね、こんなバタバタしている時だから、わたしも財布を確かめなかったんだ。

でも、してしまったことは仕方がないじゃん。

過去のことは忘れよう!わたしたちは先を進んでるんだから。」

↑苦渋の言い訳

K

「過去じゃなく、瞬間のできごとですよ~、そんな言葉でだまされませんよ~」

やはり、だまされなかった・・・。

そして、とある夜、会社で一人でデスクワーク。

一番集中している中、KスタッフのPCを借りて再び作業。

そこで、んっはてなマークはてなマーク

KスタッフのPC画面に紙が張ってある。

よくみたら、電話対応の受け答え方が、どこからの記事で見つけ切り抜いて張ってありました。

ちょっと、感動しましたドキドキ

かわいいKスタッフ音譜おそらくわたしが知らないところでも努力しているんだろうな。

わたしは、先頭を切って突き進んでいますが、こういうメリハリもいいのかなと思います。

今日もがんばります。

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。