おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も朝からカチカチとデスクワーク、気づけばこんな時間。

現場も賑わっており、先ほどまでがんばっていた現場もありました。

みんな本当によくがんばってくれております。

本日は、人生の転機というタイトルにさせていただきます。

人は起こることすべてにおいて意味があるのかもしれません。

その時その場面で起きている事、あまりの大きな出来事過ぎて周りを見失ってしまう事も。

悲しいこと

つらいこと

怒りや最低なこと

そしてしんどいこと

真っ最中にいる時は、気づかないことが多いのかもしれません。

何年かが経過し、あの時の自分を思い出し、辛抱したかしなかったか、逃げたか逃げなかったかで、

何年後の自分を比較できるのかもしれません。

それらが、今思うと人生の転機であったということです。

その時は気づかなかったこと、それは「良い事」であったということです。

誰もが、人生の転機に突入しますと発して歩くわけでもありません。

いきなり幸せな人生を送れるわけではない

いきなり成功者になれるわけでもない

いきなり何かになるわけでもない

最初は、0からはじまるんです。

すべての事をやり遂げて「0」ゼロになるのと

なにもやらない「0」ゼロと

同じ「0」ゼロでも意味がまったく違います。

そんな真っ最中のときは、みなさん必死です。

そして大変です。

大きく変わると書いて「大変」

大きく変わる時なんです。

傷ついたからこそ気づくこと

痛い思いをしたから気づくこと

それらが年月を越え、自身の転機であったのなら、みなさんは、どんな転機を語りますでしょうか?

だからその時を一生懸命に歩くことだとわたくしはそう感じます。

たとえ一生懸命だったことが実らなくても、今実らないのではなく必ず年月を越え実るものなんです。

そしてそんな一生懸命の姿をを笑う人はいません。

もし、笑う人がいるのなら、あなたの下から上を見上げて笑っているだけで、気にする必要などまったくありません。

人生の転機

竹の節と同じです。

上へ上へ高く伸びる竹はなぜ、あんなに細いのに高く伸びているのか。

あの太くある節があるからあそこまで高く伸びるんです。

そして竹というのは5年目くらいから竹が伸び始めるそうです。

それまでは、下へ下へと根をはる。

人生でも同じように感じます。

さてと、本日もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

がんばるびーーーーー

Follow me!

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。