おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は、なんだかひんやりとした朝をむかえ、やさしい空と感じました。

本日は、悲しみから得たことというタイトルにさせていただきます。

わたくしは、10年前、母親が他界しました。
約6年半の闘病生活は、本当に長かったし、最後の1年は、今思えば地獄でありました。

なので、計算したらわかりますが(苦笑)、23才から29才まで闘病生活でした。

ここ2・3年、ようやく母親という思い出を人に語れるようになれました。

それまでは、あまりの悲しさに一言言えば涙が止まらなくなるので人にも話せなかった。

唯一話せたのは姉と妹でありました。

いつもなら悲しいお話になりますが、本日は前向きです。笑

どきどきしているそこのあなた・・・・大丈夫ですよ。笑

母親の闘病生活と死別は、わたくしの人生を大きく変えました。

まず、

人を決め付けたものの言い方、行動をしない

ありがとうなど人それぞれの表現

時にがんばれは人を傷つける

これは、わたくしにとってとても大きな変化でした。

人を見る目がガラリと変わったのです。

そう思って人を見ていると、同じ喜び、悲しみでも表現豊かの人のが得にみえがちですが、表現下手の人も同じ喜び、悲しみだと思ったら、

苦手な人とも仲良しになれました。

そして「がんばれ」が時に人を苦しめるということも味わいました。

当時「がんばって」と言われいつも心で叫んでたこと(その人たちも悪気はないので。苦笑)

がんばってがんばってって無茶苦茶がんばっている。

これ以上、がんばっているのにどうしたらいいの。

それから、数年間、この4年前くらいまで「頑張れ」と軽々しく言葉にだせなかったわたくし。

母親との闘病生活、そして死別、これですべて終わったんだと思ったら終わらなかった。

深くは言えませんが、想像もしないことが次から次へと起きました。

そこで感じたのが、母親が今まで隠していたんだなということ。

約7年間、夢をみれば母親が苦しんでいる姿しかでてこずうなされて起きる。

今でもたまにまだあります。笑

看病(介護)される側、看病(介護)する側の気持ちや思いも、痛いほど味わいました。

なので、母親がわたくしたち家族に悪いと思われないような演技もしました。

当時、彼氏のいたわたくしは、あえばいつも居眠り。

そしてあえて遊びにいくふりをして、近隣のスーパーのパーキングで居眠り。

居眠りばかりですが(苦笑)、今思えば怖くて寝つきも悪かったんでしょうね。笑

いつも母親の気持ちになり、それに変わって動いていたわたくし。

究極には、最後、モルヒネを飲んだら気持ちがわかるのかもしれないなど思っていた・・・・でも飲めなかった・・・・。

今でも悲しみでいっぱいです。

経験してなんぼと言いますが、こんな経験なんかしなくていい・・・・。

なんて今でも思うことはあります。

でも、悲しみから得たものもあります。

それは今の自分。

母親の闘病生活のことを思えば、苦労なんて乗り越えてやる。

みんなが陰で言っていることなんてわかってた・・・「余命」口が裂けても言いたくなかったし、認めたくなかった。

最後の言葉が「最終末期」ここで幕がとじました。

でも、今回は、がんばったらがんばっただけ先があるんだ。

母親との死別がなかったら今の自分はここまでたくましくできたのかどうか。

たぶんできなかったでしょうね。

甘ったれのまんまだった。(今では隠れマルコですが)

だからこそ、今があるのだと思います。

悲しみから得たものに気づくまでにずいぶん時間がかかりました。

人しての心の思い

親子との絆

親が子へ思う愛

子が親を思う愛

目の前にいる大切な人を大切にすること

よくわたくしがお客さまにお話していることです。

それを最近、ようやく認めることもできました。

これは、母親が残してくれたものなんだと。

母親が残してくれたわたくしへの手紙でいつも思いだしているのが、

「ママが、幸枝の人生に花を咲かせます。絶対にね」

甘えん坊のわたくしが、昔からよく母親に「絶対?絶対?」と口癖のようにいっていたので最後に「絶対にね」なんですよ。笑

その言葉を信じて歩いている高田幸枝だったとさ。おしまい、おしまい。笑

あれ?笑

さてと、本日も正を正してがんばります!

スタスタスタ・・・・・チラッ(ノ_・。)

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。