おつかれさまです。たかだ探偵です。

本日、2件目ですね~。

今回は言葉という重みについて。

言葉というのはよくも悪くも時に人の人生を左右されることもあります。

いままではげみになった言葉が

いままで皮肉に聞こえた言葉が

逆転すること・・・・わたしはたまに・・・色々な節で味わいます。

そして

その言葉が励みになったり

その言葉がモチベーション高くなったり

その言葉が人生変えることだったり

その言葉で落ち込んだり

その言葉でむかつたり

その言葉で信用うしなったり

同じ言葉でも、今の状況で受け入れ方は違ってくる。

言葉って難しいですね・・・・。

その中でも心に残るのが、がんばるという言葉。

そうです、わたしは仕事において寝なくても働いても、そんなに働いたら死ぬぞと言われても、がんばってという言葉に動じなかった。

そう、ちょっとやそっとのことでは、なんとかやってこれました。

がんばってやるわ、なんとかなるならって。

お馴染みのたかだ探偵の母親の闘病生活6年半。。。。笑

全国どこでも癌が治るならと・・・・・走り回ってた年月。

母親の癌が再発、再発が繰りかされ、これでもか、これでもか・・・・あの手この手、

多分、同じ状況の家族の方たちからみたら、ある意味全力以上尽くしてうらやましいと思うくらい。

わたしは、必死でした。

本当に必死だった・・・・。

そして母親も一緒に便乗してくれました。

だから最後のいきつくところにいったとき、二人で無言で居間で・・・・・大泣きした5分間・・・

母親が、大泣きながら大笑いしました。

ママ

「ゆうちゃん・・・・なに大泣きしてるのー?泣笑」

わたし

「べつにー・・・・・ママが泣くから泣いたんじゃん。泣笑」

一生ではじめて声を荒げて二人で居間で泣きました。

でも1分くらい・・・

答えは二人とも言いたくない。絶対に・・・・口が裂けても。

二人の気持ちはもうわかってました。

そう、最終末期まできてしまったのですね。

調べつくしただけにきてしまったこの・・・・・言葉。

そして、悪気がなく友達たちが言った言葉、

「頑張ってね」

いつも心で思った。

がんばってがんばってがんばってがんばってるのに・・・・・・これ以上、なにをがんばればいいの!

頑張ってという言葉が自分の、母親の言葉を苦しめた。

簡単に頑張ってっていうものではない・・・・ってはじめて思った。

窮地にたっている人や、生死と闘っている人に・・・・特に。

なので、わたしはそうですね、ここ4年くらい前まで、

「頑張ってね」

ということがなかなか素直にいえなかった。

「頑なに張る」

がんばってという言葉をいうなら「顔晴ってね」的な。笑

いまでも思いはそんな感じ。

うわっ!暗い話になりました。笑

でも、実は今日は爽快な気分なのです。笑

ほんとうですよー☆

ただマザコンのたかだ探偵がでただけです。笑

ではでは・・・・。

Follow me!

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。