探偵業として探偵が感じたこと
2010年12月5日

探偵ブログ「マナーの悪さ」

おつかれさまです、たかだ探偵です。

昨日はバタバタしてました。

今日はマナーの悪さというテーマにしました。

たまーーーに、問い合わせの電話で、

「あのさー、人調べてくれる?」

などの横柄な態度で話しかける相談の方が見えます。

こういう態度は、基本的に受け付けません。

ぺこぺこして相談してくださいという事ではなく、社会人として大人としてのマナーとして私はどうかなと思います。

当社は何もかも仕事になればいい、売上になればいいという仕事スタイルではありません。

信頼できる探偵・興信所を常に意識しお客様との信頼関係で執り行っている会社です。

確かにお客様は大事です。

ものすごく大切でもあります。

ですが、

「オレは客だ!」

「私は客よ!」

と思って相談にくるのならお断りします。

同じ目線で親身になり問題解決に向けてこれからも主旨をずれることなく執り行っていきたいと思います。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。