探偵業として探偵が感じたこと
2010年10月29日

探偵ブログ「探偵という仕事」

おつかれさまです、たかだ探偵です。

今日のブログに間に合いましたか??

探偵という仕事をしているとみなさんに

「精神的にきついお仕事ですね」

といわれることもあります。

本当にそれは言えてまして、お客さまは一人だけではなく何十人のお客さまがわたしに助けを求めてくる。

わたしはなんとかしようと必死に解決に向けての積み木を一つずつ積み上げるのですが容易ではありません。

なので家に帰ると一気に気が抜けると同時に走馬灯のようにお客さまの思いがまたよみがえり頭が痛くなるのも普通にあります。

また、探偵という仕事をしていると一部の人に

探偵って怪しいイメージ

といわれることもあります。

これは複雑と言うか、がっくりするを超えます。

怪しい探偵と一緒にしないでほしい。

怪しい探偵って正直あります。

怪しいことするから怪しい探偵なんだし、調査技術も愚か、調査しても意味がなったなんていわれてしまうのもどうかと思います。

わたしを知っている人はわたしがどういう人間性かわかるわけだし、お客さまも当社の信用性もあります。

怪しい

なんて無縁の会社ですから・・・・これ自信があります。

だからスタッフたちにも自分の仕事に誇りに思うことと伝えています。

正直、探偵として17年、現在でも自分が認めれる探偵さんって指おり、でもお客さまはわからず依頼してしまうんですよね。

毎月、2・3件のお客さまが過去に他の探偵さんで結果が出なかったってこられて、

なんでこんな調査提案したんだろう

って残念なことも少なくありません。

当社のお客さまだったら1回で解決するのになんでだろう?って。

わたしは、自分の仕事に誇りをもっています。

誇りをもっている一番大切なのはお客様です。

でも、自分の欲でお客さまとは向き合いません。

それが、仕事として繋がらなくとしても。

そう、その人たちは、いつか種をまいてくれると思うから。

今の自分への気持ち、大切にしたい。

お客さまの幸せ

最優先する仕事スタイルでありたい。

みなさん、お疲れまでした。。。。

ちなみに昨日は妹の誕生日でした。

年の離れた妹。

あなたが生まれてわたしの人生は変わりました。

今の自分があるのも、あーちゃんがいたからだと思います。

大好きだよ。

こんな愛情いっぱいなのに妹は・・・・・・

おめでとうメールに返事がない。

なんて薄情な妹でしょうね・・・・

なのに弱い姉でした。笑

ペタしてね

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。