探偵業として探偵が感じたこと
2010年7月30日

探偵ブログ「色んな実例が決め手です」

どうも、たかだ探偵です。

先日、粘りに粘った調査で最終日に不貞の証拠をつかみました。。。。

当社のお客さまには、「トラブル解決」に向けて相談を聞き、お客さまの心情・状況に合わせて調査を提案するのですが、いろいろ、夫などの行動を監視して、自分なりに的を絞った調査提案をしてくるお客さまが度々おられます。

それもその通りに調査をする場合があるのですが、結構これが外れることがあるのです。

お客さまの外見や懐具合で調査提案している訳ではなく、この相談内容とお客さまが納得する問題解決を先見て提案する訳なので、それは、それでお客さまも納得がいき、大半のお客さまは、その調査プランで調査をし、問題解決まで当社で導いていくのです。

納得をしてくれるのは、やはり今までの事例や実例をお客さまもお聞きすると納得感と安心がプラスされるので、こういう話は必要だなと思いました。

それでも、お客様のいう通りに調査する場合は、理解した上で調査を取り掛かります。

でも、この場合は、浮気する行動はとらない日が・・・・正直なところ、多いです。

ですが、お客さまも納得の上なので仕方がありません・・・・。

こういうお客さまは逆に割高になってしまうケースとして。。。。

※お客さまの言われる指定調査

※お客さまの言われる指定調査

そして、お客さまは慌てだし指定調査日の前後日に調査を依頼するケース。

最終的に当社のお勧めした調査プランとなるケースも少なくありません。

なので、お客さまの言われる指定調査は、無駄になってしまいますが、お客さまも当社がお勧めした調査は理解の上で、依頼しているので・・・・・。

はじめて調査を依頼するのだから、調査提案にいきなりという訳にはいかないのもわかります。

ですが、少しでも低料金での調査にしたいので、当社側もお客さまの状況に応じた調査提案をしております。

上記みたいに「言われる指定調査」から「当社の調査プラン」になるお客さまたちは、最後には、

「たかださんの言うとおりにしとけばよかった・・・・。

 でも、自分が頑固だったから仕方がないけどね。」

って笑い話になります。

自分の説得させる言葉不足だったかも????

でも、結構、本気で相談にのって一生懸命今後のこと考えて、今までの事例を説明している方なんですけどねガーン
これ以上、どう熱く語ればいいんでしょうか???

たまに、仲良くなったお客さまにこの様なことをお聞きするんですが・・・・・。

「大丈夫です。わたしも、他のお客さまにも、充分伝わってますよ。。。。」

そうですか・・・・・、本当かどうかわかりませんが、ありがとうございます。

今夜も頑張ります。

ペタしてね

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。