探偵業として探偵が感じたこと
2010年6月2日

探偵ブログ「信頼の勘違い」

おはようございます、たかだ探偵です。

先日、取引先の道中であじさいを見ました。
もうそろそろ、あじさいの時期になってきたなと思い、なんとも言えないあじさいの色がわたしは好きです。

今日は、信頼の勘違いについて・・・・。

よくわたしがスタッフ達にいっているのが、各スタッフの目標や目指しているものに関してわたしが協力できるのであればします。

失敗しても、例え頑張っても進めなくても、目標や目的に向けてがんばっているのなら、わたしは一生懸命引っ張ってあげる。

ただ、本人がいやだいやだと目を背けているのであれば、わたしがいくら引っ張っても無駄だから協力はできないと話します。

これは容易なことではないかもしれません。

これと信頼についてどう繋がるかというところですが、人と人との関係は、考え方だと思います。

前にも書かせていただいたように、相手が知るかと思えば、また相手も知るかと思うのと一緒です。

自分がされて嬉しいことは相手も嬉しいはず。

恋愛感情じゃなくても、人を思うことはできるはずです。

一人前の先輩が余裕でできることを新人がすぐにできるわけではありません。

先輩が10できるなら、新人が2であるのは仕方がない。

10-2の8をどう努力するかだと思います。

これは当たり前のことだと思いますが、当たり前のことをしない人が多いように思います。

「信頼はまず結果を出してから得られるもの」

ではなくて、

「信頼される行動をとるから結果がついてくる」

だと思います。

一つの紙を渡し、各スタッフがどれだけの意識を持ったレポートを出すか、結構、おもしろいデータが取れるものです。

たわいのない小さなウソが一瞬にして信頼を失くす事も多々あります。
がんばっているなら、くだらないうそで台無しにするなんてもったいないなと・・・・
王道を歩いて欲しい・・・・。

今日もがんばります。

ポチっとよろしくお願いしますビックリマーク
人気ブログランキングへ

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。