探偵業として探偵が感じたこと
2010年5月6日

探偵ブログ「私・・夫に殺されます」

おはようございます、たかだ探偵です。

GWいかがお過ごしですか?

少し違うかもしれませんが、わたしがいつも駐車しているパーキングにもみじの木があります。

今は真緑、秋には赤に、冬には茶色に・・・・なんだか素敵だなと毎朝思います。

これがまた立派なもみじの木で、色気があってもし自分の木なら自慢の木だなと思いました。

話を変えて・・・先日、浮気調査が終了し後日、お客さまと弁護士のところへ一緒にでむきました。

これで弁護士に無事、バトンタッチができてホッとしてます。

浮気に悩むお客さまと初対面の時は、大半のみなさまが疲れきっている方も少なくありません。

疲れきっているってどんな風に???

「たかださん、わたし、夫に殺されます・・・・」

そう、本当に殺されるのではなく、精神的にそこまで追い詰められているのです。

少なくとも年に30人のお客さまが、わたしのところに駆け込んできます。

先日も一人の女性がご相談にこられました。

7年に及ぶ夫の浮気、2年前に妻がはじめて事実を知る、探偵事務所へ相談にいく勇気がどうしてもでなく、当社のホームページをずっと・・・・見ていたとか・・・。

今回調査してお客さまは

「ここまでしてくれて、こんな安心できる探偵さんなら早く解決すればよかった・・・」

そうおっしゃってくれました。

これも嬉しい言葉です・・・・。これも一つの大きな自分への財産だなと思いました。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。