探偵業として探偵が感じたこと
2014年11月2日

探偵ブログ「回り道」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

雨模様、こうやって冬支度がはじまり気づけば冬になっているのでしょうね。

本日は、回り道というタイトルにさせていただきます。

人というのは大人になり歩いている人生で、時に一瞬でいつも見ている風景がガラリと変わることもあります。

いや、変わっていないのに今までと違う色に見えてしまう。

笑ってくれるはずの人が笑わない

笑えるはずの出来事が笑えない

路頭に迷って・・・・・・当社に駆け込んで来られるお客さま達も少なくありません。

先日、家出調査で娘さんを発見しました。

4週間以上に渡り、難航した調査でありました。

娘さんを発見しご両親にご連絡したら、口下手だったご両親が涙目でほっとした表情。

そこで自宅に向かう車内で、お母様が、

育て方が悪かったかと自分を責めてしまいます。

そう、ぼそっと口にしました。

こういう探偵業をしておりますと、そのお客様方の人生の転機のような場面にも出会います。

わたくしが申し上げている事は、

今までの道にしても、これからの道がどちらが正しいかどうか・・・・・

お客様の歩いている道は間違っていない。

これだと思って自分を信じて歩いているのならただ、回り道をしているだけ、もし間違っていたなど思ってもそう思っても口が裂けても言ったらいけない。

過去は変えれないけど、未来は変えれる

わたくしがこの探偵業をしてお客さまと向き合っていることに大切にしているのは、

やはりお客様の感情はとても繊細で敏感な状況にあります。

許される限りその敏感な感情を包み込み、共に歩いてお客さまが望む方向を差し伸べて。

そうすると、お客様の中で心情が変化してくるのですよね。

わたくしが気づかせるのではありません。

お客様自身が気づくのを待つ。

中にはわたくしの声を聞くだけで安心するお客様も少なくありません。

なぜお客さまがそうなるのか・・・・・

わたくしは必ず逃げないから。

安心するのでしょうね。笑

そんな中、お客様の心情に変化があります。

その時にわたくしがする事は背中をおす。

お客様の選んだ道は間違ってない。大丈夫、わたくしがみてます、必ず、みてます。

そんなサポートがわたくしのスタイルかな。

わたくしたちが歩いている道、それは間違った道ではないということ。

そう信じて歩くこと

わたくしもどんだけ回り道してきたことでしょう。

回り道ばかりで迷いそうにもなりました。苦笑

でも、自分の歩いている道は間違っていないと胸をはって言えます。

間違った道ではなく

回り道

そうとらえるだけで、視界も変わってきませんか?

新しい風を感じませんか?

心になにか流れませんか?

その感じたものを大切にしてください。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

清く清らかに清々堂々とがんばってまいります。

ごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。