探偵業として探偵が感じたこと
2013年4月13日

探偵ブログ「陽のあたらない仕事」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

天候は晴天なのに風が冷たいのかわたくしの心が冷たいのか世間が冷たいのか?わたくしのギャクが冷たいのか?苦笑

本日は、陽のあたらない仕事というタイトルにさせていただきます。

陽のあたる表舞台の仕事が多いものであるも、裏方の仕事もあるということ。

その裏方の仕事のひとつが探偵業であります。

探偵業は時にグレーゾーンに見られがちですが、わたくしは自分の探偵業に誇りを持って取り組んでおります。

誰も見えていないが重要な裏方の仕事もある。

なんの仕事でも言えますが、それらに手を抜いたりおろそかにしたときは成功しないし輝きもしない。

一日を無駄に生きるな

なんて言葉を聞きますが、一日を無駄に生きるときも必要なんです。
否定しているわけじゃないんですけどね。

要は環境ではなく自分という事なのかなとわたくしは思います。

ひとつの「事」の事に対しての意味合い。

事をただなんとなくするのか、めんどくさくするのか。
事に目的を持って未来を想像しするのか。

同じ事でもこれだけ違うという事です。

その「事」に対しての重要性を理解・把握してどう注ぎ込むのか。

結果、大きな壁が立ちふさがったら目的・未来を変えなくてもいい。
結果、悩んでも悩んでも解決できない現状でも幸せを諦めなくてもいい。

やり方を変えるだけでいいのです。

わたくしは最近、自分自身が壁にぶち当たった時に言い聞かせているのは、これが私の鏡だということを言い聞かせております。

そうやってギアーを変えながら取り進んでいってもあっちが凹めばこっちがでたりと・・・・。笑

そんな事の繰り返しで人は歩くものでして。笑

でも、目的は変えず情熱を注ぎ込んでいく事を繰り返すことによってその光は本物になりあなたしか輝けない宝石になる。

そんな感じかな。

それではもうお昼ですか、本日もご来所されるお客様、お気をつけていらしてくださいませ。

それでは、みなさま、ごきげんよう。

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。