探偵業として探偵が感じたこと
2013年3月7日

探偵ブログ「いざという時」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日もあたたかいですね。

本日はいざという時というタイトルにさせていただきました。

あなたはいざという時、どうしますか?

時と場合によるかもしれませんが、「いざ」という時、尻込み、逃げるのかそれとも真正面から立ち向かうのか向き合うのか。

たとえそれがリスクであったとしたら・・・・・
人一倍の労力と精神力も必要ですし、あえて難関を通らなくてもいいと判断もできるのですから目をつぶることもできます。

しかし、勇気ある人は立ち向かうでしょう。
リスクがチャンスだということ。

尻込みする内容ならなおさらチャンスだということ。

お客様の悩みでも同じ事が言えます。
今の悩みに向き合うこと。

わかりますよ。
こんなわたくしでも時折、逃げ出したくなる事もあります。
人ですもの。笑

でもですね、そういうマイナスになっている時、逃げるなってもう一人の自分が言っているんですよね。
逃げることは簡単だよ。でも立ち向かっていくことに意味があるんじゃないの?って。
もう一人の自分ってだれ?って感じですけど。苦笑

さてと本日もぱりきってまいりますよ。

それではみなさま、ごきげんよう~!

スタスタスタ・・・・・・ワタヒガンバル。グッバイ。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。