探偵業として探偵が感じたこと
2013年3月3日

探偵ブログ「心が乏しい」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

この2年、東北震災が起きてから特に敏感になってしまっていることはちょっとの地震でもすごく反応してしまい、地震じゃなくても地震酔いなのか貧血なのか、そして更年期なのかと・・・・・微妙な年頃をむかえている今日この頃・・・・。
そして女性ホルモンの低下なのか定価はいくらなのか・・・・、男性ホルモンが増加してひげがはえてきてないか鏡で一生懸命口元まわりをみている的な・・・・よくわからないことを考え創造して笑いに変えようとする今日この頃・・・・。

外野でクスクスと笑っているのが想像できますが・・・・苦笑

とりあえず「ばかやろー」と軽く言っておきます。笑

はぁっっ!!Σ(゚д゚;)乱れた文章、大変失礼いたしました。

本日は心が乏しいというタイトルにさせていただきました。

人間を軽く見るというのは、たいてい心が乏しいという証拠なのです。

~フランスの作家:A・カミュより~

人間だと上記、乏しいとなるのでしょうが、仕事でもなんでも軽く考えたりするものは内容も希薄ということでしょうね。

人間を軽く見ている人をたまにお見かけしますが、そういう時はかわいそうな方だなと思うだけで相手にもなにもいいません。

お客様方の相談でも、どんな思いで相談に来ているのか調査対象者にはわかるはずがありません。とりあえず、現状の調査対象者は心が乏しい方が多いので。

お客様達の事を調査対象者は妻とも夫とも見ていない事も少なくありません。

そして甘えている事に気づいていない。

それを気づかせることもわたくしの仕事だったりするのです。

3月もはじまったばかり、春の風を感じて春の流れにのってがんばっていきたいと思います。

それでは、みなさま、ごぎげんよう

ブイーン・・・・・チラッ(ノ_・。)

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。