探偵業として探偵が感じたこと
2012年12月11日

探偵ブログ「対象者の写真」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は、朝からバタバタしておりました。

ようやくコーヒータイムとなります。

本日は対象者の写真というタイトルにさせていただきます。

こういう探偵業ですので、お客様たちはご相談の段階でも写真を持参していただいている方もおられます。

ここで共通することといえば、写真がかなり前の写真であることが多いのです。

もう少し詳しく言えば、十年二十年前の写真を持ってこられる方も少なくなく、そのタイプでよくあるのは結婚式の写真を持ってこられる方もおられ、現在の容姿とはかなり違うこともあるのです。

調査員の駆け出しのころは、大きな特徴でもあるならいいのですが、あまりの変貌に先輩たちについていけませんでした。

経験を積んでいくと特徴などですぐに判明でき、そして服装の他、歩き方、しぐさですぐに対象者を確認することができるようになります。

男性ですと頭髪なんかも以前の写真とまったく違うこともあります。

特徴として絶対に見るのは、ほくろ等などは別として

男性ならまゆげ、首、耳、鼻、骨格

女性ならまゆげ、くちびる、目じり

他にも色々とありますが、本人と確認したときにはこびりつくほど脳裏にやきつきます。

調査というのは緊迫した時間を長時間過ごすわけですが、その中でもやはり初日というのは一番緊張感が高まります。

素人のみなさんが想像以上というくらいでちょうどいいくらいですかね。

張り詰めた緊迫感と肉体疲労で調査が終了すると抜け殻のようになり、自宅に着き眠りにつくというより、気絶するかのように眠りに入ります。笑

テレビや映画のようにすたこらさっさという訳にはいきません。笑

後で笑い話でも現場では笑えない。

こういうのが調査現場というところです。

話がそれてしまいましたが、本日は賑わっておりますが、本日、ご来所されるお客様方、お気をつけていらしてくださいませ。

それではごきげんよう

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。