探偵業として探偵が感じたこと
2012年11月28日

探偵ブログ「ステージ」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

なんだかんだと少しバタついているオフィス。

当社の場合、栄駅がすぐということもあり時折、ご予約なしでのお客さま方がおられます。
すぐに相談ができる状況の場合もありますが、ご予約されたお客さまが優先となりますので、時に時間をずらしていただくか、日程を変えていただくか、そういったご迷惑をおかけになりますので、事前の予約をよろしくお願いします。

今回は、ステージというタイトルにさせていただきます。

調査員になりたての2・3年というのは先輩達に追いつこうと必死にがんばり、それを超えると今度は仕事以外で指導という立場になる。

経営者になりたての2・3年というのは「新参者ですので教えてください」と頭を下げ、必死に習得したものでした。

4年目になると「新参者ですので」は通用しなくなりました。
当たり前ですけど・・・・。

それに気づきだしたその時はかなり慌てました。
それで色々と成長できる場というのを探し、毎年毎年成長するために日々が過ぎているわけですが・・・。

20代は20代の考え思いがあり、それなりの服装であり・・・・

しかし、年相応といいますか40代、50代が20代、30代の考え思いのままでいいのか悪いのか。

まー、素直な心は、ピュアな20代のがいいのかもしれません「ね」笑

子供がいくら大人ぶっても子供は子供

子供らしくいる方が一番かわいい

いつまでも子供の服は着れないし、いつまでもとってつけた見ただけの夢を語ってはいられない。

自然と年相応の考え思いのこともある中、意識をすることによっても充分変えられる。

わたくしは、4・5年前にとある経営者にその意味を教えていただきました。

今まで自然と心と体がそうなるものだと体に頭にたたきこみながらそうしてきた自分にとっては目からウロコくらい衝撃でした。

これはあえて何を教えてもらったかは、あえて言いたくはありませんが、キーワードは「ステージ」です。

自分ががんばったことに胸をはりなさい

その瞬間、自分のなにかが目覚めました。

そうすると視界がパッと広くなり、まだまだやってないことだらけ。
そしてわからないことだらけ。

そしてそれを埋めていくと自分が表現できなかったものが形になってきました。

そーゆーことなんだ・・・・ってはっきりした答えは教えていただけません。

それでいいと思います。

そんなこんなんで本日も元気にがんばります。

ごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。