探偵業として探偵が感じたこと
2012年11月12日

探偵ブログ「自分の目線を高くする」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今週もはじまりました。

本日は自分の目線を高くするというタイトルにさせていただきました。

これは相手に対する目線ではございません。

限られた時間の中で・・・・

あの人があのくらいなら・・・・

その時点で、限られてて、あのくらいという範囲が決められてしまってしまいます。

範囲が決められていることが悪いわけではなく、範囲の中でも成長できることもたくさんあります。
ですが、成長がしづらいことでもあると思います。

ある程度を成し遂げた人たちからの言葉であれば、失敗も成功もわかりその上で微調整ができバランスを整えながらするのとは訳が違うのかなと思います。

よくお客様たちの中でも、「~だからしかたがないのです、我慢しているのです」というお話をお聞きするのですが、よーくお話を聞いていると、本質的な根底にはそれが原因ではないことも多くあります。

そこから抜け出したくないだけ

それくらいひらきなおっていればいいのですが、それに気づかずに悩まれ苦しまれている・・・。

そんな時は、そういった事に気づいてもらう言葉もかけております。

時に自分自身にもそういう言い訳を自分にしている自分を改めてみるとすごく嫌な気持ちになります。

足もとばかりみていても見える範囲が限られてますが、

少し先を見ているとさっきより視野が広くなります。

もう少し先を見るともっと視野が広くなります。

慌てなくてもいいのです・・・・少し先を見てみるのもひとつなのかな。

本日もご来所されるお客様方、お気をつけていらしてくださいませ。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。