探偵業として探偵が感じたこと
2012年11月7日

探偵ブログ「ピリオドは大切に」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は数字という活字と格闘しており、目が数字になっていないか・・・・苦笑

本日2件目の書き込みですね。

本日はピリオドは大切にというタイトルにさせていただきました。

なんでも言えますが、やることは簡単ですぐにとりかかることもできて、簡単にスタートしてしまっていることもあるかと思います。

何をすることでもそうですが、一番大切なのは最後

わたしは悪くないから相手のことなんて知らないわ

というお客さまも中にはおられるのですが、そうではなく相手にそうされたとしても自分は相手と同じ事をしてはいけないというお話をさせていただいております。

何度も言いますが、なんにでも同じ事が言えると思います。

お願い事ばかりいって最後のお礼もない

がんばっているのに簡単にめげる

簡単に手に入れて簡単に捨てる

近年にみられがちな内容かと思いますが、そんなうすっぺらい内容は所詮うすっぺらく吹っ飛んでいく・・・・。

のであれば相手を巻き込んでまですることではないとわたくしは思います。

人も同じで、企業も同じ事が言えるのかな。

必死の時は言葉に出ないし声にでない、声をだす時間もない。

失敗を繰り返しても時間がもったいないからまた修正してそこまで這い上がったりする時間に使ったりもする。

必死にお願いする時はなにがあっても食らいついてでもお願いする。
でも必ず最後には感謝の気持ちで挨拶もする。

人というのはそういう事なんじゃないかな・・・・

みなさん、わたくしも含め、人生歩いているんですから・・・・
ごっこじゃない。

以上です

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。