探偵業として探偵が感じたこと
2012年10月19日

探偵ブログ「時に調査は引き受けません」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今日も早出にてさわやかな真っ青な空を見上げてまいりました。

どんだけ思いっきり深呼吸するのというくらい本日は大きく深呼吸してみました。笑

本日は、時に調査は引き受けませんというタイトルにしました。

当社は、解決にこだわる探偵士として強い理念を持って活動しております。

第一歩としてお客さまの相談からそれは実行することとなりますが、大半のお客さまたちが当社の魅力を活かしたいという方になりますが、時にそうでないこともあります。

調査を安易に思って一方的な話

こういう思い込みのお客さまは基本的に調査はできても引き受けません。

一方的な話というのは、テレビや探偵小説に出てくるような、簡単に調査結果でると思い込んでいる方もおられます。

空から調査しているわけじゃないのでそんなうまいこといかないこともありますし、我々本業は、

探偵ごっこ

ではない。

そしてもう一つは、

相手を追い詰める調査相談である時

これは調査すればいいという問題からすれば、他の探偵社にいってくださいと申します。

わたくしはトラブル解決にこだわっているのは、なんでも調査を引き受ければいいという問題がどうしても受け入れれなかったという。

中途半端な欲で引き受けそれがお客さまのためなのかどうか・・・・

一時、そんな疑問を自分に問いかけておりました。

長年探偵業をしているといろいろな事情のお客さま達がおられます。

中には・・・・・・一方的な偏った思い込みで相手をひきこもりにしてしまったり、そして・・・・死に追いやってしまったお客さまも見てきました。

全力で阻止してもお客様の心には届かなかった。

当社の調査が原因でということではないのですが、後々にそういう結果報告を聞き、すでに遅しうなだれるお客さまを見て、なにもできない自分もすごく後悔したのです。

なので、調査できるものはすべて引き受けるという考えを思いっきり捨てました。

結果、それは正解、成功であり、そういう覚悟を決めると本当の意味で自分がこだわっていた解決にこだわる、トラブル解決にこだわることに内容が充実し、それに伴い実績もつき、幅もぐっと広がりました。

そう覚悟、決心したのは数々のお客さま達の声がわたくしの心に残っておりました。

たかださんだからお願いしたの。

たかださんなら助けてくれる。

私たちは、調査どうのより解決したいの。

そんな気持ちをかみしめて・・・・・

本日も正を正してがんばります!

では、ごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。