探偵業として探偵が感じたこと
2012年10月14日

探偵ブログ「10年も経つと」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は10年も経つとというタイトルにさせていただきました。

探偵業19年、経営者としては7年が経ちました。

そんな中でも10年くらい前のお客様との再会は本当に懐かしいものです。

当時は調査員としてお客さまとお会いしておりましたので、当時のお話は少し照れくさかったりもします。

中には、お互いに同じ人とはわからず、わたくしの口調などで徐々に前回わたくしが担当していたことに気づかれるお客さまもおられ、時に驚かれます。

何におどろくかというと貫禄がついたといつも言われます。
いいのか悪いのかは微妙ですが・・・・苦笑
年とともに老けたという事もありありだとは思いますが、そんな事をおっしゃっていただくと、当時がいかにまだまだ半人前であった恥かしさもあります。

振り返れば経営者当時の1年間はぐっと体重も減りスーツもみるみる大きくなり、それからは大きな体重の変動はありませんが、当時のお客さまはそんなもう少しふっくらとしたわたくしをイメージして来られるお客さまもおられます。

調査員時代も一生懸命していたことは今も同じではありますが、経営者としてお客さまとの向き方は違いますので、責任感の違いというのか、そういうのがいつしか体にも染み付いてきたのかなと・・・・。

もっと掘り下げれば、新米の頃から10年くらいは制服着て、お茶だしもしておりましたし。笑

あまり父親のことはお話はしたくありませんが、当時父親が社長室で一人で考え事している姿が今ならわかる気がします。

当社のお客さまは、お客さまたちがお客さまを紹介していただけるというありがたい感謝することも少なくなく、お客さまが知人がたかださんところを利用していたのでというお話をお聞きすることもあります。

あえてお客さまから言わない限り、だれから?というのはお聞きしないようにしております。

そんな時、ご紹介していただいたお客さまから一報をいただいたり、お客さま自身が当社を利用してお客さま同士で共感ができ、

「今度、一緒にたかださんところ遊びにいこうよ」

となるらしくそんな時は、お客さま達はうれしそうにご来所されます。

わたくしももちろんうれひい。
あっ、失礼致しました。

わたくしももちろん嬉しいひとときとなります。笑

そして時折、紹介していただいたことをあえて内緒にされ、相談の時に付き添いで来られたもう一人のお客さまを拝見し、一瞬固まることもあります。

どこかで会った・・・・ん?

お客さま「たかださん、お久しぶりです」

一瞬、時が止まりますが、一瞬にして思い出しびっくりするということもあります。

振り返ると当社のお客様というのは本当にみなさん、素敵な方々ばかりで調査終了時には会社に来られるのがたのしみなように・・・・

ご来所されます。

最初は緊張して2・3人の付き添いが次回から軽快な足取りで一人で堂々と来られます。笑

そんな姿を見ていると・・・・本当に嬉しく思うのです。

こんなお客さま達をわたくしは絶対に助けてあげよう。

いつも帰られる時の背中を見て深々とおじきする名古屋の探偵@高田幸枝でありました。

本日も正を正してがんばるわん!わん♪わん♪

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。