探偵業として探偵が感じたこと
2012年9月30日

探偵ブログ「ステージを変えなさい」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

朝一の接客を終えひといき・・・・
土日は土日で仕事上、週末しかこれないお客様方もおられるわけでして。

本日はステージを変えなさいというタイトルにしました。

わたくしのブログを拝見していただいている方にはわたくしの尊敬する女性経営者という人がだれであるか・・・・
おわかりだと思いますが。笑

そう、武井 泄月袴さん。年齢50才

かなりストイックな女性であり、自分が落ち込んだとき武井氏のブログで勇気づけられ、ブログの奥に秘められている人として女性として経営者として奥の深さに魅かれる人でもありました。

この人のおかげで自身の経営の幅がぐっと広くなりました。

武井氏みたいな女性経営者になろう。
いろんな角度から彼女の仕事に対する戦略・戦術というのを勉強させていただきました。
勝手にですが。笑

そんな遠目でみていたわたくしが武井氏に名刺を依頼致しました。

正直、武井氏の取引の仕方もみどころでした。

お見事な取引。当たり前か。

それで第一案のデザインができあがりはじめてみたときは・・・・・

「ちょっと、わたしにはかっこよすぎではないですか?わたしにはまだ・・・・」

と引き気味でありました。

そうすると武井氏が言った言葉とは、

「高田さんも半端なくがんばってきたのでしょう。

 あなたももうそろそろこういう名刺を持ってステージを変えなさい。」

その時、ハッとさせられました。

ステージを変えなさいか・・・・、考えたこともありませんでした。

それからの私たちは時間をかけることなく仲良くさせていただいているわけですが、いつも感謝しているのは、

耳にタコができるほど熱い思いを語ってくれること

それはまるでセコンドのように

わたくしには、本当にありがたくてうれしくて仕方がありません。

1ラウンドが終わるたびにコーチが耳元でコンコンとわたくしに語っているみたいに。笑

時に早々簡単に答えを出さないこともあるのです。

そんな時はなんであそこの話をしぶったのかをひとりで復習するなんていうのもあるんです。笑

こういう人は一生のうちなかなか巡り会えれないかもしれないお金では変えない大切なわたくしの大切な財産だと思う。

この名刺をお渡しする人は限られた人しかお渡しておりません。

もしこの名刺にご興味ありましたらわたくしの素敵な笑顔つきでお渡しさせていただきますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

泄月袴ー!10月に行くから待ってろよー!!

※若干、興奮すると呼び捨てになる癖は治りません。苦笑
武井社長、大変失礼いたしました。ペコリ

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。