探偵業として探偵が感じたこと
2012年9月21日

探偵ブログ「自身の花を咲かせる」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今朝もやさしい空に迎えられ出勤しました。

本日は、自身の花を咲かせるというタイトルにしました。

人にはそれぞれのその人の花というのがあるとわたくしは思っております。

その人らしく咲いている姿をみるとすごくひきつけられるし、その人らしく咲いてないともったいないなと思います。

花といえば個人的には、カスミソウやすずらんという小花、あるいは個性的な花がとても好きです。

お客さまとの相談でもそうですが、その人らしく咲いてなかったり、気づいてないというより忘れてしまったり・・・・・

わたくしはそんなお客さまたちの自身の花を咲かせたいという思いで向き合っていることが前提でお話をお聞きしております。

太陽に当たりすぎてもいけないし、ほどほどに栄養もあたえないといけないし、水や栄養ばかりあたえすぎると根腐ります。

ちょっとずれる話かもしれませんが、ゲームはしませんがゲームソフトでも簡単なものはすぐ飽きてしまうけど難しいほどのめりこんでしまう。

自身の花を咲かせるまではそんな簡単なことではないかもしれません。
まず、気づくまでの道のりは大変なのかも。

でも、それがあって自身しか咲かせない花であること

あなたしか咲かせない花

中身がなくて装った花の咲かせ方はなんの効果もありませんが、中身あってその人らしい花を咲かせている人は、周りの人もキラキラさせてくれる。

わたくしは、若かりし頃、そんなことに気づきました。

それまでは、たんぽぽがバラになりたいがのように、無理矢理、自分をつくろっていた事に気づきました。
でも、そうではないんだということ。
たんぽぽはたんぽぽらしくいることがどれだけ綺麗なことだということ。

みなさんはどんな花を咲かせてますか?

あなたらしい花を咲かせることはとても素晴らしいことだと思います。

それでは本日も正を正してがんばります。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。