探偵業として探偵が感じたこと
2012年9月17日

探偵ブログ「心の扉をひらく」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は早出です。

今年は「心の扉をひらく」というテーマを目標に活動しております。

みなさんにも心の扉というのがあるかと思いますが、ある程度まではお見せできてもそれ以上は・・・・という人も多いのではないでしょうか。

わたくしも仕事以外ではなかなか腹をわってお話しするという事はできない性格でありました。いつも殻をかぶっている自分自身に気づいた2011年。

6年ぶりに大きな殻を破ってみたら自分自身の何かが変わってきました。
なにかが流れ出していきました。

そして2012年、自分自身に「心の扉をひらく」というテーマを目標にしてから、もともと殻にとじこもってしまう、亀のような・・・・・突いたらひっこんで殻に閉じこんでしまう。

最初はその繰り返しでしたが、最近は、つついても我慢してひっこまないようにひっこまないように努力しております。笑

なぜここまで心の扉をひらくということに今年は目標を立てたかというと、結果はお客さまから得られていたのですよね。

わたくし自身が心の扉を開き、お客さまと向き合っている。

お客さまの成長が自分への成長であり、お客さまにもこの気持ち・思いは伝わっている。

お客さまとわたくしとはものすごい信頼関係であること。

人見知りするお客さまの中には、わたくししか話したくないと言われる人もおられるほど。

わたくしはそれに去年の暮れに気づきました。

今までのわたくしは、どこかすかしていて、行動と心は違うこともありました。

それではいけないと意を決しました。

そして行動。

社内でもまだまだ不器用で失敗だらけですが、これは自分自身の確かな手応えだと思い今年はこれでやり続けます。

わたくしだけが成長すればいいってものではないということ

相手あって自分自身が成長できているのだということに本格的に気づきだした今日この頃でした。

今日の出会い・・・・叶いますように・・・・

高田幸枝

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。