探偵業として探偵が感じたこと
2012年9月9日

探偵ブログ「自分のオーラをだすためには」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

ここ数日のお天気は、もやもやとしてなんだか悩んでそう・・・・
笑いながら泣いている空を見て・・・・
無理するなと思いながら、そうすると大粒の雨がバーと降り出したり。

たまに空と会話している私です・・・・が、なにか?笑

本日は、自分のオーラをだすためにはというタイトルにさせていただきました。

本当の自分を出している人はどれだけいるのでしょうか?

本当の自分というより自分自身の良さを相手に伝えれる人はどれだけいるのでしょうか?

今以上にもっともっと引き出せる人は結構たくさんおられます。

お客さまたちでも、よく「本当はもっとわたしは・・・・」という言葉を言います。

本当に悩んでいたり、本当にがんばっている時は、

同情ほど辛いものはありません。

そして、経験もしていないのに、中身もないのにつべこべと言われることも、とにかくしらける話であります。

でも、そういうときほど、相手にばかりもとめて自分自身を受け入れていない人も多く、悲観的になってしまう。

それからが、成長できる段階なのだということをなかなか気づける人も少ないと思います。

わたくしは、こう思います。

自分らしいオーラを出すにはひとりの力では限界がある。

自分が一生懸命執り行っているならば、応援してくれる人を見つけること。

これは、自分自身がまず一生懸命であるという行動が前提であります。

自分がこの人はわたしのことを応援してくれると思ったら、自分の執り行う行動はきちんと見てくれている。

そしてその応援してくれている人たちがきっとその人その人の「らしい」オーラを見出してくれる道を誘導してくれるのです。

悩んでいるとき、落ち込んでいるときというのは自分の枠を低くしがちであります。

でも、本当はもっと大きな枠であなたは輝けるのだという事をしめしてくれる。

そういう「レベルの高い人」と付き合っていただきたいと思います。

わたくしの周りは、決してわたくしを「褒めません。同情も一切しません。」たまに褒めて欲しい時もありますが。笑

厳しい人ばかりですよ。苦笑

でも・・・・人一倍応援してくれてます。

そして、明日からまたがんばろうって気持ちにさせてくれる。

落ち込んだとき悩んだとき、わたくしも自分の枠が低くなっているとき、

「あなたが選んだ道なんだから」

自分がハッとさせられた言葉でした。

「プライドが高い人」ではなく、「レベルの高い人」と付き合うということを知っていただきたいと思います。

以上

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。