探偵業として探偵が感じたこと
2012年9月2日

探偵ブログ「笑わなくてもいい」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

昨夜もそうですが、朝・夜と涼しい風が流れ、暑さに構えている身体に「もう少しで暑がらなくてもいいよ」って肩をたたかれている・・・・
そんな気分を最近感じさせられます。

ふと耳をすませば鈴虫もなき、空を見上げると雲が風にそって汽車のように夜の道を歩いている。
あの雲はどこにいくんだろうなって思いながら・・・・。

野良猫やわんちゃん、虫・植物さんたちもこの時期、いちばん落ち着いた気分で過ごせるのかな・・・いい顔して寝ているな。

そんなことをたまに思う病んでいそうなわたくしですが・・・笑

帰りたい・・・・・・どこにぃ?笑

そんな冗談は、あなたの顔だけにして。笑

乱文大変失礼いたしました。

本日は、笑わなくていいというタイトルにさせていただきました。

お客さまの中で、相談をしているあいだ間に、笑ってごまかしてお話しするお客さま方もおられます。

わたくしもそれに付き合いお話をお聞きしていくのですが、笑っていてごまかしても話を一通り聞いていくとその理由もわかってまいります。

お客さまがなんの助けを求めているのか

それが把握できるとわたくしがお客さまに

わたくしに無理して笑わなくていいですよ。
その笑顔の裏で・・・・・笑えば笑うほど泣いているのがわかります。
泣きたければ、泣きましょうよ。
お客さまの一歩はまずそこからです。

~省略~

どうしてそれがわかるのか?
相談内容ももちろんでありますが、まず目を見ればわかります。

無理しているのか無理していないのか・・・・。

わたくしはお客さまとの相談は全員本気で向き合います。

それはおそらくお客さま全員に伝わっていることだと思います。

別に機関銃のように話す訳ではございません。笑

腹を決めてお客さまの本当の心をお聞きする覚悟と解決する方向に導く意があるからであります。

解決に導くのは「実験」じゃありません。

無理に笑顔をつくらなくてもいい・・・・

人というのは目を見ると本音が見えたりもします。

目をそらす人にもいろいろなパターンがあるし、目力でもいろいろです。

さて、もうひとふんばりがんばります!

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。