探偵業として探偵が感じたこと
2012年8月15日

探偵ブログ「背中を見ていてください」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

この4・5日間、勉強に集中して・・・・がんばっております。
計画予定・・・・通りです。順調です。

午前中、集中力マックスでちょっと集中力が欠けたのでただいまよりコーヒータイム。

人生、そう簡単には世の中いきませんよ

と自分自身に唱えながら?(笑)成功に近道なしと言い聞かせながら(笑)

ピンチはチャンス
チャンスを逃がすな

とみなさんもお聞きした言葉だと思います。

チャンスというのは見えてないだけでだれにもあることだとわたくしは思います。
いや意外とゴロゴロしているものです。

それに向き合ってないだけで・・・・みようとしないだけで。

大きく分けるとそこだと思います。

そして次はチャンスを「ものにできるか」ということです。

ものにできないこともあります。

しかし、ものにできたものは、時に財産になったりそしてそれがまた化けたりもするものすごい勢力になったりするのです。

だからわたくしは、ものにできない恐れより、チャンスだと感じた時は瞬時に行動にうつします。迷いはありません。

化けた勢力を味わった側であるからです。

なのでチャンスが目の前にゴロゴロしているのに気づいてない人を見るとすごく残念にも思います。仕方がないですけどね・・・・。結構大変だし・・・めんどくさいし・・・・。笑
それを超えて話せる人って少ないのも意味がわかります。

本日は、背中を見ていてくださいというタイトルにしました。

当社のお客さまたちは、相談から調査中、調査後とわたくしと共に歩いていく段階である程度までいくと、お客さま側が自ずとひとりで歩くことを自覚しはじめます。

強制にはいたしません。納得いくまでわたくしが共に歩いていくのですが・・・。

そんな中、先日、お客さまからいただいたメールで

「嫌な女になっていたら、注意報おねがいします」

と届きました。
ただのメール内容に思えるかもしれませんが、彼女にとっては大きな一歩でした。

いまが一番大変な時期ですが、この事は絶対に言える

わたくしもご両親もあなたの背中をちゃんと見てますから安心して
胸をはって歩きましょう!

本当はこう返事したかったのですが、歯を食いしばってがんばっている彼女にこの言葉は、心を揺らしてしまうかもしれないと思い言えませんでした。

きっとわかってくれているだろうと思いましたが・・・・。

きっと、彼女の今までの涙が種となり・・・・後に花を咲かせます。

あと少しの辛抱です。一緒にがんばりましょうね。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。