探偵業として探偵が感じたこと
2012年8月9日

探偵ブログ「誰よりも努力する。」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

最近、ブログ記事を書いている最中に他の仕事に取り組んでしまうと、記事をいつの間にか消しており、何回か凹んでいる状態です。笑

本日、facebookでの先輩が「いいね」ボタンの流れででてきた記事。

天才少女?天才って便利な言葉だよね。

だって、天才っていったら、努力もしないで、持って生まれたものだけでやってきたように思われるんじゃないかなぁ。

私、誰よりも練習してるよ。

他の子がみんな帰っても、ひとりで練習してるよ。(福原愛)

天才とまでは言われたことはないですが、現役調査員時代、周りの先輩達が

なんでそんなことがわかった?

という調査結果に対し、当時の先輩が言った一言。

いつも運がいいよな。

その言葉を聞いたとき、運がいい?と悔しい気持ちになりました。

運がいいんじゃなくて、コツコツと調べ、重たい本を何十冊も読みあさって見つけ出した結果だった。
先輩達が雑談している時も休みの日も言わないだけで努力していた。
そう叫びたかった。

あげくにその先輩が言った後の一言が、

高田さんは調査が細かいから後からする調査員はやりづらい

との事でした。

もうここまでいくと、どうしたらいいのと後輩ながらに呆れたものでした。

その時、諦めたことが、なにをやっても言われるんだということです。
だったらひらきなおろうと思いました。

努力しても報われないこともあります。

でも成功・勝利した人たちはみんな努力している。

だから、努力していない人がいくらどう言われてもそれからのわたくしにはなんの痛手もなくなりました。

昔は、言いたい人はわたくしにとやかく言ってきました。

そう言う人に限って努力している姿勢がない。

当時は、そういう小さいことにいちいち悔しい思いもしておりましたね。

今でもたまにそういう感情はありますが。
当時からしたらだいぶ年も重ねまるくもなりました。

ただ理解していただきたいのは、

むきになるくらいわたくしは必死にやっていた

ということです。

さてと、本日も夕刻となってしまいました。
もうひとふんばりがんばります。

では、ごきげんよう。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。