探偵業として探偵が感じたこと
2012年8月4日

探偵ブログ「正直者はバカをみたっていいのかも」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は三件目の書き込みといきます。

本日はバタバタして先程、帰社致しました。
ほっとするメモ書き・・・ありがたい・・・感謝です。

正直者はバカをみたっていいのかも

「正直者はバカをみる」
なにかにぶち当たり、ふと思い出す言葉であります。

しかし最近思うことは、バカをみたっていいじゃん、正直者じゃないうそつきより・・・・って思っております。

要領が悪いのかいいのかわかりませんが、そう言い聞かせている「みたいな」苦笑

いつもそんな時は、

なにを信じていけばいいのか

どこにいけばいいのか

傷ついたあの日々

そんな時の言葉は、なんてむなしいのか

たしかにもっとこうすればよかったかもしれないと後悔もしたりもあります。

人は本当に十人十色であって、相手が思っているように相手に伝わってなかったりもします。

伝える側

伝わる側

これが比例しないこともあります。

本日のお客さまたちも一生懸命わたくしの話を筆記しておりました。

そんなに上手に伝えれるかしら・・・・

こんなことならノート持ってこればよかった・・・・

帰社する車内でふと、自分事も考えてみた名古屋の探偵@高田幸枝でした。

今の自分を信じたい「な」笑

さてと・・・・・・、本日はこれくらいで

スタスタスタ・・・・・・・チラッ(ノ_・。)笑

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。