探偵業として探偵が感じたこと
2012年8月3日

探偵ブログ「人が変わる時」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

わたくしが勉強会というものに参加しているのには、やはり成長したいからというのが大前提となります。

年齢を重ねていくと、考え方も偏ってしまいがちになる中、今の自分でも幼少の頃のように素直な部分が若干失われつつある中(苦笑)、

今のうちにといいますか、まだ若い頭脳だとしたらその時期に徹底的に変われる時に変わりたいという・・・・

言い訳、こうしゃく、目先、口先だけで何も進まずか、
大変だけど、向上に向けて動く、向かうことに進むのか、

そう選択しようとしたときに、わたくしは後者を選択し決意しました。

学べる時に学び、成長する時に成長する

本当は年齢など関係ないと思っております。
年齢など関係なく勉強している方々を拝見すると、自分もこういう人でありたいと思います。

こういう人であるために・・・・

成長する、学ぶ習慣を身につける

といった言葉のが正しいのかもしれません。

お客さまにも取り組んでいることが

考え方を変えるきっかけ

というのをキーワードにもしておりますが、お客さまだけでなく、わたくしも日々、成長と共に学んで歩いているということです。

人が変わる時は、いや、人が本気に変わっていくときは、一瞬にして人相も変わってきます。

相手に求めてばかりではいけない、自分自身が動かなければ・・・

という・・・・・、意外と人というのは、わたくしにも言える事ですが、いつしか相手に求めてばかりで自分自身を見失っているということ。

わたくしは、お客さま方の心情の変化が変わる瞬間や、人が本気で変わっていく姿を見るのがとても好きでして、なにより心に響きます。

最近でもそう自分自身の不甲斐なさを感じたことは、

先を見ているようで、いつしか足もとというか、目先のことばかりをみてしまっておりました。
先を見据えることは、経営者として自分の経営スタイルであるためにわかってはいたことではありましたし、散々、そのことについては、覚悟もしてきたつもりでした。

しかし、ふと気づくと日々の忙しさに視界が狭くなっていたことに気づかされました。

人はみな、気づいて大きく変わったと思えば、ふと日々の生活に追われるとまた気持ちが戻りそうになり、それに気づいてまた足元を確かめ歩いていく。

でも、それって大切なことなんじゃないのかなとふと思った名古屋の探偵@高田幸枝でした。

本日もよろひくおねがいします!

ペコリ。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。