探偵業として探偵が感じたこと
2012年8月1日

探偵ブログ「言葉の表現」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は二件目のブログとなります。

人は誰しも心の弱さというものがあり、表に出ている人もいれば隠れている人もいるわけです。

言葉ひとつで感動もすれば、言葉ひとつで信用も失う。
言葉で人の心を変化させてしまうんですよね。

人と人の繋がりの中で時にそんな話題が独り歩きすることもあります。
そしてそれが飾り言葉になり、思いも思わぬ方向にもなってしまい、どこから本当のことなのかすらわからなくなってしまう。

お客さまたちが一番悩まれ悔しくも思うところがそこなのですよね。

言葉は時に最高の幸せをももたらしてくれるけど、言葉は時に心をナイフで刺されて何年も何年もその傷口を思い出す。

お客さまたちに言っていること。

自分を信じましょう。自分の心に感じた自身の気持ちを信じましょう。
他の言葉に振り回されたらだめです。

言葉は、時に重みもあるが無責任でもあるとわたくしは思います。
言うことは簡単にいえることですね。

みなさまも、言葉に振り回されないように・・・。。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。