探偵業として探偵が感じたこと
2012年6月28日

探偵ブログ「わずかな可能性でも」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日2件目の書き込みとなります。

本日は、接客ラッシュでありました・・・・・。

そしてそのうちの二組のお客さまは、ブログを購読していただいているようです。
色々とお気遣いありがとうございます。

このブログを通して自分自身に言い聞かせ、わたくしとお会いした時にはブログの内容を自分自身に言い聞かせ、思いを話していただいたお客さまもおられました。

見事に相談の当初から気持ちが変化しており、とてもうれしい気持ちになりました。

一生懸命、わたくしが話す言葉を筆記して自分に言い聞かせるように・・・・。

今度はここですよとしめして、トントンとあがってくるお客さまもいれば、

なかなか踏み出せないお客さまもおられます。

本日は、そんな両極端なお客さまたちとの面談でありました。

ご依頼しているお客さまたちと面談の時にまず必ずすることとは、顔つき表情をみます。

ご依頼しているという条件ですでに信頼関係はほぼできあがっているので、お客さまも心を許しているはずなのですが、お会いした瞬間に

さっと目をそむけたり、下を向いたりなどうかない顔をしていると・・・・

あまり状況的に良くない報告であったり、

笑顔で出迎えてくれると・・・・・

いい報告であったり、固い決意や覚悟が定まっていたり。

長年の経験と事例から瞬時に判断できるものです。

なにもかもが、笑顔で出迎えてくれるのが一番いいのですが、そればかりはどうしようもならない事情であって、真実と向き合って解決していくという方向から目を背けることはできないのですよね・・・・。

占い師でもなんでもない想像でお話して同情していてもいけない。

なのでわたくしは、調査内容及び状況に関しては、実はあまりつべこべとわたくし及び調査員らの感情は報告書にも書きませんし、言葉にもあまり述べておりません。

無責任なことは言えません。

ただ、事例として話すならばという言葉を前フリにであったりとか、
個人的な意見としてお答えするのであれば、

という形でお客様にはお話をさせていただいております。

そんな感じで、結構仕事以外でも、人の顔つき表情を一瞬見てしまうというのは職業病なのか、ついついしてしまっていると最近、自覚しております。笑

——————————————–
※本日、ご来所されたご依頼人さまへ

いつも、ブログ購読ありがとうございます。

わずかな可能性でも・・・・

わたくしは、お客さまたちの後ろにいますから、安心して
歩いてください。

もし、不安になったら振り返ってください。

今あるべき問題を少しずつでもいいので解決していきましょう。

大丈夫、後ろにわたくしがいますYO。

あなたの本当の笑顔が見えるまで・・・・・。

これからの壁を乗り切らないといけないお客さまたちに、応援して
くださった事を・・・・本当に嬉しく感謝申し上げます。
——————————————-

それでは、

本日はもう少し仕事が続きそうです。そして勉強会打合せ。

さてと・・・・。

がんばります。

PS.ちなみにプライベート音痴のわたくしの場合、顔つき表情を
見られたらどうなるか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒミツ♪

キモイワ!!笑  パート2でしたー。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。