探偵業として探偵が感じたこと
2012年6月23日

探偵ブログ「気の流れと変動」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は、学生時代の部活動の同窓会があります。
先輩方をはじめ監督もお見えになるようで、ちょっと緊張気味。
何年ぶりなのでしょうか・・・・。笑

本日は、気の流れの変動と強化というタイトルにさせていただきました。

お客さまの相談の中で、

なんでわたしはこうなのか

どうしてこうなるのか

そういう言葉と共に涙するお客さま達も少なくありません。

わたくしは、いつも思うことなのですが、今の自分に後悔しないでほしいというお話をさせていただいております。

思っている以上にお客さまたちの魅力はたくさんあります。

自分だけが不幸ではないということ

それは環境がいっぺんすることも多々あり、それは思いもよらぬ日に突然に訪れます。

でも、今は変えられない。

でも、未来は変えられる。

あなたが哀しめば、周りも悲しみ、あなたが笑えば、みんなも笑う。

思いっきり哀しんでも時には必要ですし、思いっきり笑うときも必要です。

反省も大事ですが、自分をあまり否定しないで欲しいのです。

お客さまの選んだ道は、必ず「たしか」なのです。

どんな選択でも「たしか」な幸せの道しるべ。

どんな状況であれ、それが一番の幸せとはいいきれない。

そんな状況でも、それが一番の幸せなのかもしれない。

振り返ったら意外と微笑んで見守ってくれている人がいたりするものです。

身内ではなくても・・・・。

わたくし事で恐縮ですが、

今年という2012年は自分自身の大きな節目としております。
そして、気の流れの変動を本格的に行動として執り行っております。

気の流れの変動、そして視野、目線を少し今までとは変え徐々に徐々に幅を利かせたい、利かせるがために行動にうつす。

そしてそれは何より「強化」のためであります。
バージョンアップ、ステップアップ・・・・。

わたくしは、今まで探偵業として信頼できる探偵社ということにこだわり抜いてきました。

そのためにどうしたらいいのか。

自分を犠牲にしてでもそれだけは譲れないことでしたし、時間も惜しまなかった。

それは今でもそうであります。

ひとつの大きな節目とした40歳を迎え、自分自身を改めて振り返り、今の自分は今までのがんばってきた自分への証であり、

改めて今の自分自身は、志を高く歩いていきたいと強く思いました。

数年前・・・・、40歳になった自分は何を思い、何を感じるのだろう。
そしてその時、どんな気分なのだろうって思っておりました。

20代、色々なことがありました。
30代、20代より想像以上の事がありました。

40歳になり改めて思い返し、自分のさらなる10年先の目標設定が自ずと決定確定されました。
なんか、不思議というか、実際に40歳になった自分は何かが変わりそうな気分であり、何かが流れ出したような・・・・そんなワクワク感もあるという。

おそらく今年、そういうわたくしが変動する形というのを、拝見していただくことになります。

姿勢正して本日もがんばっております。

ニッコリ。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。