探偵業として探偵が感じたこと
2012年6月20日

探偵ブログ「極める」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は、若干の胃痛をこらえカチカチデスクワークの時間を過ごしております。

本日は、極めるというタイトルにしました。

みなさんは、極めるということに於いて語れますか?

極めていないことに於いて己を知らず熱く語る人もたまにお見かけしますが。苦笑

極めた人の話を聞くと引き込まれるように聞き入ってしまう。

それは、究極に極めただけの内容が全部を言わずとも重厚に伝わるからであります。

仕事の責任に関してもわたくしはいつも思うことですが、

目先、小手先で執り行う仕事がたまに納得がいかないことがあります。

仕事の責任とは、なんでも言えると思いますが、お客さまたちが手にされるまで丁寧に取り扱うということです。

そういう事を前提に仕事というのは執り行わなければいけないと思うのです。

受けたからには仕事であります。

それまでの工程、流れ、状況、そして受け渡し。

そこにたまには失敗もあることもあります。

しかし、こういった過程をきちんとお客さまにお伝えしていれば、常識のあるお客さまであればほとんどが失敗も納得していただけることだとわたくしは思います。

納得というのは言葉が違うとすれば、理解していただけるということでしょうか。

最近は、そういったことが目に付く企業が多い時代となったと思うわたくし。

自社の商品を熟知していない、理解できていないのに、安易に執り行うことに関して疑問に思うのと同時に、そればかりか、それをトークで補おうとするのは・・・・

どうなのだろう?

といつも思います。

目先、小手先だけのメッキはすぐにはがれる

そんな商品なんていらないし、興味もわかないし、例え興味をしめしたとしてもしらけるだけだと思います。

さて、と・・・・・笑、

本日もカチカチしてましたら、胃痛もどこやらと治り、

ピンピン元気な名古屋の探偵@高田幸枝だよ!でした。ちょっと本日はフランクに。笑

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。