探偵業として探偵が感じたこと
2012年3月28日

探偵ブログ「変革と継続」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

昨年、勉強会による年間活動テーマ「変革と継続~激動の今を生き抜くために~」

経営による戦略・戦術の上で同じ取り組みだけの目線ではなく、いかに変革することにおいて激動の今を生き抜いていくことだということ。

それだけではなく継続することに意味がある。

この一年その言葉を意識して執り行ってまいりました。

なんでもそうだとは思いますが、根本的は自分自身が「やるか、やらないか」の覚悟であり、「成長したいのか、したくないのか」

全部、自分自身に最終的にはねかえってくる。

だから、「思っている」だけでなく「飛び込んでみる」という考えは大切なことだと思います。

意外と多くて自分自身もそういうところがあって反省することなのですが、

「思っている」だけ、そして「待っている」

この自分に気づいていなかった自分に気づき、今年はこういう自分の誤りをなおしたいという姿勢で取り組んでおります。

この事も、仕事でも言えることです。

お客さまとの向き合い方に於いても同じなのですよね。

わたくし自身が、お客さまにそうお伝えしていても実際は、自分自身がそうではなかった。

それではいけない。

そんな流れで昨日は、勉強会での写真を公開させていただきます。

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。