探偵業として探偵が感じたこと
2012年3月14日

探偵ブログ「なんだかなのぼやき」

おつかれさまです。名古屋の探偵、@高田幸枝でございます。

今日は気持ちよい空、思いっきり深呼吸してきました。

なんだか

女性の看板をあげているのかわかりませんが、

こういうことを書くのもいやですが、

相談ではなく男性の変な声がする電話はほとほとにあきれます。

それも携帯番号も丸出しでへっちゃらでフリーダイヤルで電話してくるのです。

毎回、ナンバーをひかえているので対応はしておりますが、

女をなめんなよ

と強く思います。

ほんとうにくだらない・・・・。

くだらないというついででいうぼやきですが、

相談予約をしても来ない人もいます。

常識ある対応をしてもらいたいと強く思います。

くだらないというついででいうぼやきその2ですが、

こそこそ文句があってその文句が正を正しているのであれば

堂々と本人に言えばいいのに。

そういう人に限って本人を目の前にして言えない。

そういう人に限って自分の位置を知らない。

棚にあげて人の事をののしる。

自分の事以上に話もふくらむ。

そういうのを見るとくだらないところで時間を使っているなと思う。

実にくだらない。

そんな時間があったらわたくしなら自分のためになる時間に使いたい。

お客さまのために時間を使いたい。

こういううすっぺらい人間にはなりたくないな。

こそこそする時点で負けてる気がする。

以上

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。