探偵業として探偵が感じたこと
2012年3月7日

探偵ブログ「周りはそう言うけど」

おつかれさまです。名古屋の探偵、@高田幸枝でございます。

本日は、周りはそう言うけどというタイトルにしました。

昔から・・・・調査員時代から言われることですが、

調査に関してやりすぎ・・・細かすぎ・・・

なんてよく言われました。(多分、現在も)笑

若かりし頃は、そんな一言で「グサッ」ときたこともありました。笑

でも、経営者になってこういう言葉をもらうといつも思うのが、

「だったら、同じ金額で、自分がお客さまの立場ならどちらに調査してもらいたいか。」

それを言うと、みんな答えが一緒である。

細かいからやりすぎだからって・・・・

そうしていない調査よりさほど、コストもかかっていない。

ほとんど、仕事への「気持ち」「ひとてま」が、

「細かい」「やりすぎ」

という逃げ言葉になっているだけのことであって。

そういう事にまで「わたしはこだわっている」だけなんです。

話がそれるのかわかりませんが、

お客さま方は、今の状況や問題に直面し、その状況をなんとか変えようとしている。

本気で変えたいという人はすごいですよ。

必死。わたくしの言葉、一言でも逃さず紙にひかえたり、頭にたたきこもうとしています。

わたくしは、口先だけでものを言う人を嫌います。

完璧にがんばってないのに頑張っているという人

頑張りたいというのに頑張ってない人

変わりたいと人に求めるのに変わらない人

すごいなといいながら自分自身努力しない人

人には波があり、それを維持し続けよということではありません。

そしてそこに成功を求めているものでもありません。

こういうのを拝見すると、本気でがんばっている人、努力している人に失礼だとわたくしは思います。

だったら、発言するな、人に言うなって思います。

言い方を考えるなど・・・・あるはずです。

わたくしは、仕事への意識に於いてもそうです。

周りからは、「熱いね。」など言われますが、

熱くてなにが悪いのか・・・・・。

仕事に冷めた探偵に相談したいか、

仕事に情熱のある探偵に相談したいか、

ではないでしょうか。笑

だんだん、また熱いトークになってきてますが(苦笑)、なにか言われたから熱く怒っているわけではありませんよ。笑

わたくしは、探偵業の経営者であり続けている現役中はどんなに年をとっても向上し続けたいし、同業同士、悟って愚痴るような経営者ではいたくない。

「意識の変革」 それをすること実行することによって人は輝ける

わたくしはいつもそう思っております。

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。