探偵業として探偵が感じたこと
2012年1月28日

探偵ブログ「だから今がある」

おつかれさまです。たかだ探偵です。

本日はブログ更新遅いですね。。。。

大切な打ち合わせをしておりました。

今日は、「だから今がある」というテーマにしました。

本日のご来所されたお客さまの一人の方との打ち合わせで、お互いの信頼関係もできてきた時のことなのですが、今がすごく楽しいとお客さまが言いました。

そして、

「わたしも、夫と離婚していろいろとありましたので、子供には辛い思いをさせたくないの」

というお話をいただいた時、

わたしが、

「でも、あの時は、それからは苦労もあったでしょうけど、もしあの時、離婚してなかったら

 お客さまの今の様な笑顔は出せなかったと思いますよ。」

お客さまが、

「そうね、本当にそうね、今は本当に心から笑えて楽しいんですもの」

そんなやりとりがありました。

今日は、朝からなんとなく意味はないのですけど、しんみりとした気分で出勤しました。

マルコが出たり入ったり。笑

だから今がある・・・・

人には、みんなそれぞれの過程があり、山あり谷あり、いろいろな事情を抱えている人も多くいると思います。

人には言えないこともいるはずです。

わたしもその一人です。

あの人が、あの様に輝いていられるのは・・・・

この人が、あの様に必死になっているのは・・・

あの人が、あの様にやさしさを出せるのは・・・

この人が、あの様に器の大きな人間なのは・・・

いろいろな事があってこその、「だから今がある」のですね。

大きく言わさせていただいて、

「時間が薬」

なんていうのは、わたしにとっては一番、無責任な言葉だと思います。

時と状況ではそういう意味合いもあると思いますが。笑

どこが、時間が薬なんだよー!

ってたまに心で大声だしてますけど。笑

わたしにはトラウマがあって・・・・・

ハキがないわたしに、とある女性が言った言葉、

「お母さんは、我が子には無条件で愛してくれる。」

それを聞いてから、現在に至るまでいつもこの言葉が離れない。

無条件と条件

それがとても自分のこころを締め付けること。

無条件ではない。

素直じゃないですね~。笑

笑っとこ。笑

母親には、姉妹には、相手のこと考えずに自分の感情のままを伝えていた。

やりたい放題の感情をだしていた。

変な顔も、面白い顔も、怒った顔も、笑った顔も・・・・・

ふてくされたり、おもしろくないのにしつこく話したり・・・・

だから、どうしても失いたくなかった。

それはすべて「無条件」だったから。

今の今まで、すべての今のわたしは、いつもそこからはじまっている。

「だから今がある名古屋の探偵、たかだ探偵でした~」

ひさびさにマルコが飛びでちゃった・・・・笑

では、本日ももう少し粘って仕事してみたいと思います。

ちなみになんでこんな事を書いたかといいますと、

相手が素直だと「素直になってみようかな」と思ったことがありました。

そして先日、少し自分の本音語ってみたのですが、あまり触れないところを

自分の口で話したので、弱いところを触れられるとやっぱりだめですね。

わたしも人の子です。 エヘッ。

 

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。