探偵業として探偵が感じたこと
2012年1月27日

探偵ブログ「オーラよ」

おつかれさまです。たかだ探偵です。

本日、2件目です。

昔の若い頃は、容姿がものすごく気になり、人の目を結構気にしていた時期がありました。

経営者になりたての2年間は、

貫禄がないのではないか

経営者っぽくないんじゃないか

なんて考えてたのを思い出します。

今思えば、全然なかったからそう思ったんだろうな。苦笑

今思えば、一生懸命が隠し切れなくて逆にお客さまが応援してくれていたなんてのも、

結構あったなと思う、当時の未熟さに恥ずかしいと思う今。

そう考えると、経験や苦労?が自信となり、そういう意味で自ずとたくましさや貫禄が身についてくるんだなと思いました。

お客様の応援の仕方も変わってきたことに気づきました。

以前のわたしには、

「からだ気をつけてください」

「無理するだろうけど無理しないでくださいね」

という多忙を隠し切れないのがマル分かりだった。苦笑

でも、時が経ち今では、

「これからも、わたしのようなお客様をたかださんが助けてあげてください」

こんな応援の仕方に変わりました。

でも、成長できているのかなというところでは、よかったかと思う。

いつまでも、オーラがある人でありたいと思うのと同時に

いつまでも、成長していきたいと強く思う高田幸枝でした。

まだまだ、成長期のたかだ探偵でした。

えいえいほー!笑

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。