探偵業として探偵が感じたこと
2012年1月22日

探偵ブログ「本音と素直」

おはようございます。たかだ探偵です。

今日は、昼から大阪に出張にいきます。

その前に、仕事していこうというin Nagoya です。

今日は本音と素直というタイトルにしました。

本音というのはなかなか、本音っぽかったり本音のふりをしていたり、

一番は、本音じゃないことに気づいてなかったり。

わたしは、昨年それに気づかされました。

一番それに気づいたのは「虚勢」をはっていたのは、実は自分自身だったということ。

わたしは、経営者としての1・2年は今以上に片意地をものすごくはっていました。

今思えば、自分自身に自信がなかったからそれを埋めるのに必死だったというか、だまされないようにするためには、それくらい思わせておけという気持ちもありました。

なので、お客さまとは別で、周りからは近寄りがたいというイメージがありました。

徐々に性格もまるくなり、おそらく当時しかしらないわたしを今見たら

すごく変わったな~って思うでしょう。笑

でも、去年、大きく自分が気づかされたことがありまして、

それにふと気づいたことが、自分は周りに「話しかけにくい」と言われるからと言い訳をしていた。

そうさせたのは、相手でなく自分自身がそうしていたんだということに。

先程、お客さまとは別でといいましたが、そこがポイントで

お客さまには片意地をはらず、同じ目線でいやものすごく受け入れながら話をお聞きする。

だからすごくわたしの事を信頼してくれるし、お互いがすごく受け入れ態勢になる。

わたし自身がお客さまを受け入れているから。

これをわたしは、お客さま以外にはしていなかったことに気づいたのです。

なんでこれに気づかなかったんだろうかと。

お客さまに伝えているのに自分には全く不器用にしてたんじゃないかと。苦笑

だから、今年は絶対に素直になるんだ、本音で向き合うんだということを実行しようと。

長年のこの性格ですから、なかなかコロッとは変われませんが、それなりの不器用ながらにそれを細々と実行している。

でも、昨日の記事じゃないですけど、細々ながらに・・・・

結果もでてきている自分にちょっとうれしくて。笑

いい風が流れ出してきたというか、今までにない風がそよそよと。笑

この年齢になっても日々、気づきと学びですね。

では、本日もがんばります!

ばいびー! 緩みすぎだろっ!笑

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。