探偵業として探偵が感じたこと
2012年1月14日

探偵ブログ「たちどまっているお客さま」

おつかれさまです。たかだ探偵です。

今朝の空を思いっきり深呼吸~、やさしい空だったと思いました。

これが昼には力強い空になるのですからね~、自然はすごいな~。

今日は、たちどまっているお客さまというタイトルにしました。

相談におみえになるお客さまと向き合っているわたしなのですが、

わたしは、ブログでも書かせていただいておりますが、母親を10年前に亡くしております。

その前に約6年半という闘病生活もありました。

10年経った今でも最期の三ヶ月が頭からいまだに離れません。苦笑

笑うことじゃないか。

わたしは、かなりのマザコンでした。

幼少から母親にぺったりで、身内や先生からは「この子、お母さんから離れれるのかしら」と言われるほど。

母親がかなしむことは絶対にいやで、母親と仲良くするのもやきもちもやき、

姉が甘えていると、わたしが奪うくらい。(お姉ちゃん、ごめんね。笑)

わたしが成人なりて、母親が乳癌を患いました。

頭が真っ白になるというのは、はじめての経験でした。

その時、はじめて「失うこと、いなくなる事の怖さ」を体と頭すべてに味わいました。

それからのわたしは、考え方が180℃、変わりました。

「失うこと、いなくなる事の怖さ」を味わったわたしは、必死の闘病生活6年半。

1年経つごとに、さらに必死になり、また、1年経つごとに、さらにさらに必死になった。

わたしを知っている人ならどんだけがんばったか・・・・わかりますよね。苦笑

正直、すべてやり尽くしたというほど、全国色々行ったし、治療もしたし。

でも、結果、母親は亡くなりました。助けてあげれなかった・・・。

助けるから大丈夫って約束したのに果たせれなかった・・・。

それからわたしの心は、頑丈な鍵がかかってしまったとさ。笑

なんだそれ?笑

自分を出すのが怖くなったし、素をなかなかだせなくなったし。

こんな一部のわたしを紹介させていただきましたが、こういう一部の経験を経て、お客さまの先が怖いという気持ちと向き合えたり、怖いからこそ、たちどまってしまうお客さま。

はじめて本当に怖いと感じた時、たちどまってしまうくらいの恐怖なんだと思います。

あたりまえのようだったことが、あたりまえでなくなるのではないか

わたしはそれを経験しているので、その事に関して寄り添って向き合って解決しております。

夫婦

家族

そして親子

その関係の愛情だったり、気持ちだったり、思いだったり・・・・。

だから、なんでも「うん。うん。」だけでなく、お客さまにも悪い点があったり、親に対しての発言が悪かったりすると、親の前ではっきりと述べます。

親御さんの気持ちだったり、口下手なお父さんの気持ちだったり、感情的になるお母さんの気持ちだったりそういうところで、目の前で、代弁したりもします。

同情して欲しいだけでお客さまも来ているわけじゃない。

なんとかして欲しいから、ここに、わたしに話したいとくるのですから。

母親が亡くなった時、周りが一番、心配したのはわたしだったとか。

あんなに必死に母親を助けるためにしていたことを周りもよく知っていたから。

その時、そう言われてもぴんときませんでした。

それから数年、わたしは自分がこうやって悲しんだ分、同じような「失うこと、いなくなる事の怖さ」を味わっている人を助けてあげたいと強く思いました。

それが探偵業を通しての今の高田幸枝。

ブログを見て来られるお客さまや、相談のみで帰られるお客さまには

「カウンセリングもしているのですね」

なんてよく言われますが、カウンセリングをしているつもりはなく、ただ、人としてその相談を受け入れているだけなんですよ。笑

そんな人間性のわたしですので、今、当社の強みの「調査後のサポート」が人気の意味もわかりますよね。

こういう経験だけでなく、わずかながらかもしれないけど、色々な経験から結集された「たかだサポート」です。

こんな話をお客さまにはめったに言いませんが、気持ちは伝わるものですね。

今日は、自分のことばっかり書かせてもらって恐縮です。

偽りのない高田幸枝として書かせてもらってますが、ちょっと語らせてもらいました。

そんな感じで、本日もご来所されるお客さま方、気をつけていらしてください。

以上

※お知らせです

女性探偵が語る「探偵トーク」がスタート

開催日:平成24年1月17日(火)

開始時間:13:30~15:00(予定)

尚、1月17日の次回は、2月17日の予定となっております。

※詳細はこちらをご覧下さい。

 http://www.tr-ladies.com/talk/index.html

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。