探偵業として探偵が感じたこと
2011年8月7日

探偵ブログ「たかだサポート」

おつかれさまです。たかだ探偵です。

久しぶりの夏空ですね。せみの声も元気がいい。

昨日のお客様とのやりとりで、またまた気持ちが入ってしまい、近々、子供さんとの話し合いをさせていただくことになりました。

親子同士だと衝突をしてしまいがち。

泣き崩れる親御さん・・・・、そこでわたしが間に入ることになるのですが、子供さんと1対1で。

嫌われるの覚悟でお話をします。

まさに調査後のたかだサポートです。これが当社の一番の人気メニュー。

もちろん料金はいただきません。

「トラブル解決」にこだわりを・・・・実現するのです。

それが当社の他社との差別化かな。

どうしてそこまでしてくれるんですか?と、お客様に聞かれることがあります。

どうして?か・・・・・、そんなに素晴らしい親子愛があるからですかね。

それに気づいて欲しいし、もしその場で気づいてくれなくても、いつの日かに気づいてくれればいいと思うから。

わかってくれなくてもいい。でも、必死に自分のために話してくれた人がいたとよぎってくれればいいと思っているからかな。

わたしには母親がいません。

癌にて享年54歳。10年が経ちました。

そんな人、たくさんいますよね。わかってます。

闘病生活6年半。

たまに子が母親に対して上から目線だったりする光景をみて、いろんな事情があるのでしょうが、かなしくなったり、時にそれをうらやましくおもったりする。

そんな親子姿を目で追ったりもする。

たかだサポートにこだわる訳・・・・

幸枝らしいねってたぶん、母親が言ってる

だからこそこだわっているんだと思う。

実現しないから言うのだろうけど、母親がもしいたら、今の自分はここまでがんばってこなかったと思う。

皮肉にもここまでがんばれたのは、母親の死が大きな原因でしょう。

そして、母親が戻ってくるのであれば、地位も名誉もお金もいらない。

普通の人に戻るでしょう。借金地獄でもそちらを選択するでしょう。

ありえないから言える言葉・・・・でも結構本気だったりして。笑。

うわっ。また、おっかさん病がでてしまいました。。。。。

本日は、ちょいがんばってきます。

さいなら~。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。