探偵業として探偵が感じたこと
2011年8月6日

探偵ブログ「小さな寂しさ」

おつかれさまです。たかだ探偵です。

本日2件目。

本日お越しいただいたお客様ありがとうございます。

報告と途中経過の打ち合わせなど。

そしてその他の打ち合わせ。相談などなど。

結構わたしは、同世代はもちろんですが、年配の方々に慕われる傾向があり、ありがたいことでありまして、本日も高級な果物三昧いただきました。

そして手作り人形もいただきました・・・・19年も習い続けているとか。

やさしい顔をしている人形・・・。

たかださんなら気に入ってくれるって、大切そうにかばんから出してくれ、たかださんにうちの果物を食べて欲しいと思って・・・・

と、乳母車をひいてもってきてくれたんです。

そして今から松坂屋で美術展を見に行くんだとか。

たかださん、お食事でも一緒にどうかしら?と誘われましたが、仕事が入っていたので残念でした。

そしてもう一組のお客様は、お母さんと一緒に来所されました、82歳のおばあさん。

気分がいいのか、昔の苦労話をわたしに一生懸命してくれて・・・・まだまだ話したらないようなおばあさん。

50代の娘さんにわたしに必死に話すおばあさんを見て、

たかださんも忙しいんだから、お母さんそんなこと言わなくていいの。

それから他の依頼人の方々と連絡等したりと・・・・

なんだか、本日のおばあさんたちの顔表情、わたしに嬉しそうに色んなこと、うれしそうに話している姿を思い出し、うるってきたたかだ探偵でした。

人は少なからず寂しさを抱えている。

それを表現できる人もいれば、表現できない人もいるわけで。

素直に表現できる人をみると引き込まれて見てしまう。

でも、表現できない人もすごく気になる。

わたしは表現できる人がうらやましいと思うときがある。

そういう人って自分が気づいてないところでみんなが元気づけてくれているから。

でも、わたしは表現できない人にそっと近くにいれる人でありたいかな。

逆でもそうかも。

女性と年配の方々に人気の高いたかだ探偵でした。笑。

おばあさんたちの顔、いい顔していたなーーーーーーーー。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。