探偵業として探偵が感じたこと
2011年7月27日

探偵ブログ「人のものさし」

おつかれさまです。たかだ探偵です。

今日はブログ遅い更新ですね・・・・ごめんなさい。

今日は人のものさしについて。

お客様方の相談をお聞きして相談を受けたりしている中でいつも思うことは、

ちょっとした食い違いで溝ができたり、ボタンのかけ間違いをしてしまう。

そこで道がずれてしまったりする。

相手が求めていることをしなかったり

相手に求められていることに気づかなかったり

見て欲しいのに見られてなかったり

見られたくないのに見られていたり

決め付けたり決め付けられたり

人のものさしか・・・・

わたしは本音を出すようで出さないと言われます。

そういうつもりはないのですが・・・まぁ、いろいろとありますからね。

そういう意味ではむっつりなのかもしれません。

仕事上でも結構、むっつりとがんばったり、考えたりする方ですし、

プライベートでもむっつり性格だから。

今日もたかだ探偵がんばってるzo♪

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。