おつかれさまです、たかだ探偵です。

本日、久しぶりの2件目の書き込みですね。

少し前に自宅に戻り、女子バレーに釘付けのわたし。

セッターの竹下さん、本当にかっこいいと思います。

プレイヤーとして、リーダーとして、そしてすべてほぼ完璧なトスの渡し方、すばらしい。

竹下さん見ているとプロとはこういうものと感じます。

そこで、話を少しだけ変えると、調査現場ってどんな感じですか?

と、よく探偵になりたい若者たちに聞かれますが、体育会系の人たちならわかると思いますが、まさに試合の時の緊張感と似ています。

すごい緊張感、試合が終わって道具やグランド整備をして・・・・せみの抜け殻みたいになるほど疲れるのと似ています。

だから結構、調査現場は動いてなくても緊張感があり、神経もピリピリも珍しくないかもです。

そんな感じです。

竹下さんの目つき、他のプレーヤーの目つき、わたしをはじめ、スタッフたちの調査現場の目つきとよく似ている。

だから、見ていて勉強になります。

がんばれ、日本!

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。