おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日、2件目。

本日は若干疲れているせいか?なんとなく弱っております。

弱っていても仕事は進み、弱っていても仕事が進まなかったとしてもそれはそれで悩み、完璧そうにみえるわたくしですが、知れば普通の人ですよ。

弱っている自分にもほとほと飽きましたが、人はそういう生き物、わたくしの場合、弱っている行き先は決まっていますから。苦笑

なので、悩むお客さまと似ているところは実はあったりもします。
だから分かり合えることもあるのですよね。

自分を認めようというタイトルですが、お客様をサポートしている側ですが、自分を認めることはできるようでできない、でも認めようとする気持ちが大切であったり、そう思ってもひっこんでしまったりもするものです。

いいのですよ、それで。

強いのが必要であるのではなく、強くいようと思うことが大切なのです。

強くいようと思うことにたいして結果が残せなくても、「行動」することが一番大事なのです。

どうせわたしは・・・・ではなく

そうであってもわたしはと思うこと、そして動くことが大切なのですよね。

小手先でお話しているようで恐縮ですが、これは奥が深く、強いのが成功ではない。

賢いことが成功ではない、いかにやわらかく行動にうつすかだと思います。

失敗なんて言わないだけでみんな実は失敗だらけですよ。

失敗を恐れず歩いていくことが大事なのです。

人は時に行き詰まり、立ち止まるときがあるけども、全部が行動してからわかるもの。

それは、行動なくあーだのこーだの言うだけでなく、行動してから次の切り開く先があるのだと思います。

そんなんでも人はあーだのこーだのいいます。

わたくしもですよ。苦笑

だけども、わたくしはそうやって思い出したら、とあるもう一人の自分がセコンドのように問いかける。

「がんばっていることに価値つけろ。負けるな」

仕事モードの自分は勢いがあるセコンドですが、仕事モードじゃないとこれが違うとドつぼにはまります。

自分を認めれるとしたら、それでもいいのかな。

そう認めれるようになったのは、とある芸能人がいろいろな事情で母親と他界して約25年が過ぎました。
それまで堅く口を閉ざしていたのですが、語りだした本を読みました。

それを見て、25年たってもわたくしと同じことで悩んでいるんだ。

当時、母親と死別し8年が過ぎた頃、気持ちを隠していただけに口に出すことはありえなかった。

25年経っても同じ事で悩んでいるのだと思ったら、なんとなく気が楽になりました。

他界して10年が経ち、忘れるつもりは到底ないですが、なんだろう、忘れなくてもいいのだというか、悩んでいてもいいんだという・・・・。

それから、ブログにも書くようになりました。

母親に超甘えん坊であったわたくしは、大、大、大好きな母親と死別しました。

死別して10年が経ちました。

いろいろと言えないくらい、その後もいろいろありました。

今でもわたくしは、母親以上のすばらしい母親に会ったことはありません。

そして、今でも自慢の母親です。

わたくしも、自分の今を認め、少しずつでも進んで生きたいと思いまいした。

悩めるお客さまたち、一緒に歩いていきましょう。

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。