おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日でGWも終わりですね・・・・

本日は、「白い雲のように」を聞きながら出勤。

いつも「~聞きながら出勤」とありますが、だいたいがカバー曲を聴き、ピンと来たら会社で再度聞くという。笑

遠ざかる雲を見つめて
まるで僕たちのようだねと君がつぶやく
見えない未来を夢見て

ポケットのコインを集めて
行けるところまで行こうかと君がつぶやく
見えない地図を広げて

くやしくて こぼれ落ちたあの涙も
瞳の奥へ沈んでいった夕日も
目を閉じると輝く宝物だよ

風に吹かれて消えてゆくのさ
僕らの足跡
風に吹かれて歩いてゆくのさ
白い雲のように

お客さまたちは、いろいろな事情を抱えて相談に来られます。

やるせない気持ちで・・・・・・。

真っ青の青空に、真っ白い雲がもくもくと元気そうに歩いている。
それを太陽があたたかく見守ってくれている。
土をみれば、ありさんたちが汗だくになり一生懸命歩いている。笑

でも、急に空が灰色になったら雲達も暗くなり・・・・涙がぽろぽろと雨になる。

大泣きが大雨になり、そのうちに手がつけられないくらいの風やカミナリとなる。

暴風のときは、木や花、動物達が一生懸命それに耐えしのぐ。

なんていう、想像力の豊かなことでしょう。苦笑

話を戻しまして、

お客さまたちは、未来の地図を失い途方にくれるどころか、怖くてしかたがないお客さまが駆け込んでこられることが多い。

この歌詞じゃないですけど、そんな時は、共に行ける所までとことんまで一緒に歩き、見えない地図を広げ、

それが見えだしたら・・・・

歩けるようになってきたら・・・・・

わたくしはそっとそこから去る。

お客さまの中には、一瞬、わたくしがいなくなるのを怖がる方もおられますが、振り返ったらちゃんとわたくしがいることに気づき、そして、安心する。

これがたかだサポートであります。

お客さまたちが、なにを求めてここに相談に来ているのか。

お客さまたちが、わたくしになにを求めているのか。

そしてお客さまたちの性格を察知します。

上から物をいう人もいれば、相談に来ているのになかなか本当のことを言わない人もいます。

人の意見なんて聞きたくない、ただ調査してほしいだけという人もおられます。

いろいろな人がおられるわけですが、本心というのを瞬時に判断することもわたくしの役目であります。

夫や妻の悪口をいっていても愛情があったり

自分を否定し続けるのには本当の意味があったり

家出の子供の行方を心配する母親を隣に開き直る父親がいたり、でも開き直っていても本当は心配でたまらない表情だったり

子供がいるから仕方がないと言いながら、子供を理由に本当は自分自身が離婚したくなかったり

DVであざや骨折をして親御さんに連れてこられた子供さんは顔色変えずにただ、うなずくだけだったり

まだまだ、たくさんあります。

ただ、これも過去からの学びでしたらいけないことがあります。

それは、目先だけのやさしさと同情であります。

目先だけのやさしさと同情は、そのお客さまたちの未来を哀しませることになることもあるという危険性があります。

たとえわたくしが憎まれ役でも、お客さまたちの未来のためならと申し上げることも「ある」、そして見守ることもある、これもたかだサポートのひとつです。

さっ、本日は早朝出勤しました。

なので昭和ビルで一番のりです。笑

本日もご来所されるお客さま方、お気をつけていらしてくださいませ。

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。