おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

GW中ですが、このGW中は、ただでさえも駆け込むお客さまたちがいる中、大型連休になると究極の駆け込んでくるお客さまもおられます。

そんな昨日も、オフィスはばたばたでした。

お客さまとの相談を受けるときに、お客さま側がすごく緊張しているのがわかります。

ほとんどのお客さまが、10分もしない間に安心した表情になってくれるのですが、それでよかったという訳にはいきません。

いろいろな視点、角度からその解決に向けてわたくしがその人、その人の状況に合わせてコーディネートをする。

経営者として7年目を向かえておりますが、実は、経営者となった2年間は、名刺に肩書きを入れておりませんでした。

調べればわかることなのですが、それは、お客さまが肩書きをみてそちらで話を膨らませたくなかったからです。

これも、最初は、肩書きが入った名刺を渡してまして、

たかださん、社長さんなんだ。

たかださん、こんないい場所ですごいね。

お客さまたちから言ったら褒め言葉なのでしょうが、悩んでいる内容よりそちらの方がお客さまが興味津々になっていくのが、なんとなく嫌でした。

今思えば、それも若さゆえのことだったのかもしれません。

当時は、高田幸枝調査事務所という看板もまだなかった頃でしたので、ごまかしているつもりはありませんでしたが、全力でお客さまと向き合いたかったというのが正直な意見であります。

そんな知らないお客さまの何人かの人たちは、

たかださん、独立したら応援します。

なんて声もたくさんいただきました。

その際は、正直にお客さまにもお伝えして「やっぱりそうでしたか」と当時は言われました。

正直にお伝えしている時には、お客さまのトラブル解決に兆しができている頃なので、それはそれでよかったりと。

高田幸枝調査事務所を開設してからは、そうはいきません。

一応、散々、経営者として色々な覚悟はしてきたのですが、ある意味、覚悟ができたのでしょうね。

ひとまわり考え方、向き合い方もぐっと広がりました。

それは、肩書きがない当時と、すでに経営者としてお客さまもわかって向き合っているわたくしとでは、求めてくるものも違うからです。

当初のわたくしとお客さまは、半ば身近に友達感覚、娘感覚、同僚感覚といった中、

今のわたくしとお客さまは、また違った向き合い方となります。

昔と今と比べ全く違うことといえば、目先の寄り添い、助けだけでは終わらず、常に全体を把握して向き合うことになったことが大きな違いになっているのだと思います。

軸をしっかりとわたくしが把握し、お客さまがぶれる度にお客さまがわたくしに問いかけ、わたくしが軸をまたしっかりと説明、そこでお客さまが、心情を改め修正し・・・・

そんな感じが、大きく言えば「たかだサポート」となります。

長々となりました・・・・。

仕事になると熱くなるわたくし・・・。笑

昨日、若干、バタバタしてようやく落ち着いたところに携帯のメールをみると

とても嬉しいプレゼントがありました。

昨日、5月1日は、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランスでは、5月1日が「スズランの日」とされていて、友人や家族など愛する人や親しい人にスズランを贈る習慣があり、贈られた人には幸福が訪れると言われている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この友は、それを知っていてわたくしに写真でごめんなさいと申し訳なさそうに。笑

こういう素直なこころと気持ちは、わたくしは大好きです。

ありがとう・・・・

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。