おつかれさまです、たかだ探偵です。

本日は朝6:30から突っ走りすぎましたかね・・・・若干、頭が痛くて風邪がまた・・・?

ブルブル・・・いやだいやだ。

今回は奥の深さについて。。。。

わたしは探偵一家として育ったのですが、単純に人手不足であった父の会社に雑用として入社しました。

色んな状況があって(またこの件は別に書き込みます)、探偵の世界にどっぷりと入ってしまったきっかけは、当時、凄腕のベテラン探偵さんを数名お会いでき、共に仕事ができたとき、衝撃でした。

もちろん教えていただくなんておこがましく、ひっそりとベテラン探偵が調査している調査案件(誰がみてもいいので)の資料をみて技を覚えました。

結構、それまでにも頑張ってきてたわたしでしたし、周りの先輩方にもやりすぎと言われてたのですが、そのベテラン探偵たちと出会ったとき、

自分はまだまだ興信所(こうしんじょ)の「こう」くらしか言ってないんだと奥の深さを覚えました。

それからそういった先輩方の報告書を読みあさって勉強しました。

そして経営者として今年は6年目。

意外とわたしは経営者向きかなとは昔から思ってました。

最初はみんな、軽く言葉に「女性だったらぼくならこうする」「せっかくやるんなら・・・」

いざ、経営者となったとき、みんなの言葉が軽率に聞こえて夢や希望をわたしに語るけど・・・・

経営者って大変・・・・

なんて言ってられなく、なにくそ根性のわたしはみんなが言っていた言葉、全部ダメモトで勉強してやろうって思い行動へ。

みんなができて自分にできないものはない。

その当初から少し思った・・・・社員のころがあまかった・・・。

でも引き下がれない、自分にはやらなければならないものがある。

1・2年はがむしゃらでした。

本当の経営者になるためには社員の2倍、いや3倍、わたしは頭がよくないので4倍がんばることに意識しました。

努力は報われ、結果はついてきした。

でも、3年目のジンクス、精神的にもがいてました。

もっと、もっと上に行きたい、後退した話は聞きたくない。

もっと1・2年の頃のように駆け出したい。早く階段をのぼりたい。

そんな中、上場企業までのぼりつめた女性の企業家の人の話やとある成功した男性の話を聞き衝撃を受けました。

経営者・トップは1・2・3年なんてプライベートなんてないし、たとえあったとしても仕事の事を考えるのは当たり前

2・3年目からは今度は5年、10年先の会社を意識しながら動く

なんて奥が深い言葉かと感動したと同時に、なんだか肩の荷がおりました。

がんばっていて当たり前だったんだって思った。

がんばっていてよかったと思った。

そうか、今度は会社の先を見よう。

そうしたら次から次へと色んな思考が沸き体も頭も動いた。

でも、今の実際、本当に経営者は大変ですね・・・・。

社員も確かに大変だとわかってますが・・・。

経営者がこんなに視野の広い位置からみなければいけなかったとは社員の時代には考えもつかなかった。

正直、ここだけのお話、毎日頭の中、パンパンです。

精神的シャッターが下りない。

たまーにふと思う。

今なら社員でおもいっきり探偵したいな~って。

探偵も奥が深いが経営者も奥が深い。

でも多分、生まれ変わってもわたしは何れ経営者の道選ぶのだろうな。

そういう性分なんですよね。

長く経営者に携わっている人もそうじゃないですか?

あすも、がんばるyo

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。