おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は日曜日。

会社で勉強会を行う日。講師は久しぶりのわたくし。

気合いを入れて取り組みたいと思います。

そんなところで早出してみました。笑

本日は、高田探偵の「自分の心の根っこを見たら」というタイトルにさせていただきます。

わたくしもそうですね、40過ぎてからぼちぼちとここ2年は昔より柔らかくなったと思います。

昔のわたくしは腫れ物にさわるかのようと時期もありましたが、色々と経験させていただいて今にたどり着いています。

よく結果か過程かと言いますが、結果がすべてなところも人生にはありますが、語ることのできない結果など一瞬で終わることだと今でもそう思っております。

わたくしは若い頃からどちらかというと過程を大事にするスタイルで歩いてきているので、人それぞれではあるかとは思いますが・・・・・なんて言ったらいいのか、主人公より脇役の人に興味があったり、舞台裏のスタッフの過程が気になったり、スポーツ選手も好きですが、それらをサポートする側の人たちに感動したりします。

花束でもバラを魅き立てるカスミソウが好きだったり・・・・・書いていて変わり者みたいですが。苦笑

人って、周りがとやかく言ったところで自分が一番わかっているんだと思います。

だから、くだらない内容ではあえて怒らない、というより労力をかけない。

ある意味、自分の欲を満たしたいから、こうして欲しいと思うから押し付けがましくなるということ。

だからお客様にも強引な契約はもっての他、悩まれているなら契約はせず検討して帰っていただくようにもしております。

人って、自分自身の心の根っこを見たときにどう感じるのだろうと思います。

わたくしは見ました。

それは感謝です。それに気づいた時、自分の人生になにかが流れ出して歩きやすくなりました。

どうしても我々は日々生活していく上で、当たり前の生活を送って自分の道に不平不満がでてくると誰が悪い、あれが悪いといいたがります。

そしてなかなか、日々に人に、感謝することができません。

そして「最後のチャンスだと思って」「窮地に思ったら」と言っても、本当にそれらを目の前にならないとわからないのかもしれません。

たまにわたくし自身が調査を受けないお客様もおられるのですが、そのお客様方にも言う事は、

「今、わたしの言葉が理解していただきたいということは思っておりません。

5年、10年、いや何十年後にこういう意味だったんだと思っていただければと願ってお話しております。」

わたくしは、人と人と関わるときにそんなその人の心の根っこを見ながらお話しております。

人って、必ず、あの時こうしておけばよかった、今ならこうしていたという後悔ってあると思います。

そんな意味でも、自分が大切にしたいものは、過程に胸を張り結果に繋げることの大切さかなと思います。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。