おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は土曜日なんですね~

早いな~と思いながら

本日は、笑顔の中にあるものというタイトルにさせていただきます。

わたくしは、人の笑顔が好きです。

好きというより笑顔の奥にあるものをみるというのが職業病なのでしょうか、ついつい観察してしまいます。

本当に心から喜んでいる笑顔もあれば、

恥しそうに笑う笑顔もあり、

悲しいのに笑っている笑顔もあれば、

本当はいやなのに笑っている笑顔もあって、

しらけている笑顔もあれば、

瞳の奥が泣いている笑顔もあります。

ご相談に来られるお客様の表情を見るとそんないろんなお客さま方がおられるんです。

目力ってその人その人によっても違います。

瞳の奥のお客さまはどうなのか

わたくしは霊能者でもなんでもないんですが、そんなところを見てお客様と相談に向き合います。

小さい頃という子供の頃は、笑うために笑顔ってあるものだと思ってました。

悲しいから泣いて、いやだから怒って

感情のまま、表現に出してそれを親が察知してくれるものだと思っていました。

こういうお仕事ですので、喜んで相談にくることはありません。

なんらか問題を抱えて、いわば駆け込んでくることが殆どであります。

なのになんでこんな笑顔でお話しするんだろうって人もおられれば、

あっけらかんとしたように笑顔で話す人もおられます。

でも、よくよく拝見していると、瞳の奥が泣いているんですよね。

自分に言い聞かせるために笑っている人もいて、

周りにいい聞かされて笑っている人もいるんです。

笑顔ってその人の心情が見えるとわたくしは感じます。

もちろん、涙もそうだと思います。

大人になって見てわかったことは、人は弱い生き物なんだということ。

でも、みんなが歩いているのは、喜びや楽しみだけでなく、苦しみや悲しみ、くやしさや怒りを超えて、それぞれ得て歩いていること

一番に弱い人間というのは、自分自身が弱いことだと思います。

なにかを超えて得ることをしないことです。

それを超える勇気がないことです。

だれだって超えれないことだってあります。

でも、超えてみようと踏み込まないとわからない。

失敗がいやだというプライド

そんなプライドなんてなんぼのものなんでしょうか。

くだらないプライドなんて誰も評価などしない

失敗したからこそ得ることを知る

なにかを超えてからわかること、たくさんあります。

そこに笑顔がでたとき、本当の笑顔の中にあるものがあなたの笑顔なのかな~とわたくしはそう感じます。

心を許していない人の前でだす笑顔

心を許している人の前でだす笑顔

まったく違います。

その笑顔がすべてなのかな~

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。