おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

桜の花が早々に咲き出しているのをテレビで拝見していると、春さんが訪れてきたな~と感じます。

毎年のブログに書いておりますが、桜ももちろん好きですが、桜と梅ならわたくしは梅が好きです。

ブログというのは、ご相談に来られるお客様が結構、拝見されていただいております。

ブログ見ました~って言われるお客様もおられますが、会話をしている中、「実はたかださんのブログを見ておりまして」と・・・・・

こっそり、むっつり報告してただくお客様が多いんです。笑

当社のお客さまたちらしいなぁ~。笑

こんな時期になりますと、「たかださん、私もね桜より梅のが好きなの」って言われます。

本日は、見失わないように生きたいというタイトルにさせていただきます。

人生には色んなことが訪れ、なんでこんなことが起こるの?って悲しみときに苦しむ

でも、月日というのは待ってくれなく心だけが置き去りになり、余計に淋しさが増していきます。

人は、周りにいればとやかく思い、そしてとやかく言えます。

誰だってマイナスに入ることはしません。

でも、マイナスに入ってみて、マイナスに入った間違いを覚え、そして痛みを覚え、これは違う、騙されたってなります。

どんな状況でも・・・・・・もう後戻りはできないということです。

どんな出来事でも・・・・・・そう、取り返しがつかない。

マイナスにどれだけ執着して、どれだけ自分のプラスを犠牲にするか

勘違いしてはいけないのは、マイナスに執着してはいけないということではありません。

マイナスがプラスになるという強い願望とか信念を貫く気持ちがあるなら、わたくしの個人的な意見としては、マイナスに執着してもいいと思います。

しかし、マイナスに入った、入っていたのは自分の意思

『愛の反対は憎しみではなく無関心です』

  マザー・テレサ

人生、なめて生きている人は、ろくでもない人生を歩く

言葉遣いが汚いですが(苦笑)

わたくしはそう強く思っております。笑

自分の大切な自分の人生を、なめている事態、それがすべてだと思います。

他人ではなく自分が「なめている」から自分が決めたこと

周りから言われたって「仕方がない」

だれのせいでもない自分のせい

そんな理由を人のせいにすればいい

人のせいにしても、それまで

その人に関わるのも自分、その人に関わらないのも自分

そしてそんな状況の中、見失わないように生きていく。

なにを見失わないように?

それは、自分の心に聞いて下さい。

わたくしにも、まだまだこれからですが、いろんな事が訪れております。

でも、その人生を選んで歩いているのは自分

自分の人生に、マイナスを入れているのも自分、手放すのも自分、そして執着するのも自分

奥がふかーいですね~

ただひとつだけ言えることは、大切なものを見失わないように

本日はそんなところでしょうか

さてと本日も現場がにぎわっております。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

ばいばいびー

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。